2018年 06月18日 (月曜日)

カテゴリー

« 町立津南病院の改革10項目を答申 病院運営審議会が「赤字50%削減目標」を | メイン | 「世界に誇れる計画を」と浅枝委員長 宮中ダムFU委、市の発電計画に懸念続出 »

注目の「児童遊園」基本設計示す 屋内施設は平成31年秋開設をめざす

180118_01.jpg

 市内学校町1丁目に建設すべく検討が進められている注目施設、「児童遊園施設」の基本設計中間報告が10日、市議会厚生常任委員会に示された。青少年ホーム跡地に平成31年秋のオープンを目指し建設される鉄骨造り2階建ての「屋内児童遊園施設」、31年度に旧市民会館や旧市民体育館を解体した後に平成32年度の開設を目指す「屋外児童遊園広場」の2段階で整備される。今年度中に実施設計まで進められ、平成30年度に屋内施設建設の工事に着手する計画だ。
(写真:屋内児童遊園施設の完成イメージ)
《本紙1月18日号1面記事より抜粋》

十日町新聞1月18日号は・・・・
▼院外薬局、高齢者ケアハウス開設へ 津南病院、経営改善答申うけ上村町長が方針
▼<年末年始の入込み>豊富な雪でスキー場が好調 市内は7.3%増の3万5千人
▼長谷川吉徳理事長が所信を表明 十日町青年会議所が新年交歓会
▼十日町道路ルート帯正式決定 「現地調査進め早期事業化」と県
▼水沢地区が農産物アピールロゴ作成 キャラクター桃太郎旗の製作も検討
▼中手の黒滝を題材に 日本郵便(株)がオリジナルフレーム切手販売
▼村越裕太郎が優勝、世界へ 全日本障害者クロカンスキー大会
▼夢の実現に向けて一歩 津南中等教育学校で合格発表、志願倍率は過去最低に
▼奇祭「むこ投げ」に3夫婦が参加 松之山温泉で「すみ塗り」も賑わう〔AR動画あり〕
▼各地で小正月の伝統行事 大白倉「バイトウ」、上町地区「さいの神」
▼川柳研究社の宮昭一さんが句集 「ふるさとは雪もよい」を出版 など

十日町新聞
十日町新聞デジタル版 定期購読

電子版プレイバック十日町

広告掲載のお申し込み
新聞に取り上げて欲しい情報をお寄せ下さい。
>>こちらまで。
ATOM

RSS