2018年 11月18日 (日曜日)

カテゴリー

« 伊達の林道で殺人死体遺棄事件 遺体は新潟市の24歳女性と判明 | メイン | 中心市街地活性化協議会の継続を決定 計画認定期間終了、総事業費53億円を投資 »

緊急市民集会に多くの住民が参加、来賓の参加はゼロ 中条第二病院等存続問題

180823_01.jpg 180823_02.jpg

 「中条第二病院・老健きたはらの存続を」をテーマとした「緊急市民集会」が18日、クロステン中ホールで開催された。中条第二病院の常勤医師3人のうち丸山医師が9月から休診するとの情報で、緊急事態と判断した地域医療を守る住民の会が主催したもの。1月から存続を求める署名活動を開始し、すでに4万筆以上の署名が寄せられ、住民の関心が高いことから、当日は用意された椅子150席が満席となった。現状説明、意見交換が行われ、厚生連に対しての公開質問状、十日町市に対しての要望書に期限を8月中と明記する事を決定した。
(写真:緊急集会で挨拶する大嶋代表と参集した住民)
《本紙8月23日号1面記事より抜粋》

十日町新聞8月23日号は・・・・
▼<伊達殺人事件>知人男性は大黒沢の36歳男性 糸魚川市の山中で遺体見つかる
▼1番人気は清津峡渓谷トンネル 芸術祭入込数、3週間で前回比8%増の21万人超に
▼<お盆の客足>芸術祭関連は絶好調 連日の猛暑で温泉などは苦戦
▼岡田元民主代表招き後援会の集いを開催 梅谷守氏、国民民主入りに理解求める
▼お盆「真夏の雪イベント」賑わう 大厳寺高原と清田山の市内2会場で
▼太田裕美さんらで青春ポップス FMとおかまちコンサート、満員の聴衆が思い出に浸る
▼十高生物部が奨励賞に輝く 全国高等学校総合文化祭、半年間の調査・研究が結実
▼県消防大会で土市チームが2位 ポンプ車操法で10年ぶりの入賞
▼人生にとって一番大切なのは出会い 外務省・二木上席専門官が津南中等校で講演
▼笑いと感動で健康人生を 大西金吾さんが健康づくり講演会
▼元大関琴欧州・鳴門親方が稽古 市相撲協会のちびっ子力士に
▽連載「大地の芸術祭巡り」―中里地域、津南町―〔AR動画あり〕など

十日町新聞
十日町新聞デジタル版 定期購読

電子版プレイバック十日町

広告掲載のお申し込み
新聞に取り上げて欲しい情報をお寄せ下さい。
>>こちらまで。
ATOM

RSS