2019年 02月20日 (水曜日)

カテゴリー

« 雪散歩〜大地と人が築いた眺め〜 | メイン | 坂口安吾まつり »

ひろばで雪国情緒を、芸術展は巧の技で 第70回十日町雪まつりが15日開幕

190214_01.jpg

 白い愛の祭典「第70回十日町雪まつり」が15日から17日の3日間に開催されるが、今回は4日に発生した雪上カーニバル会場の雪像制作現場での死傷事故により、雪まつり実行委員会が雪上カーニバルは中止とし、その他のイベントは予定通りに実施すると決定、カーニバルの代替イベントとして16日の午後5時から越後妻有文化ホールで「雪まつりライブステージ」が新たに開催される。雪まつりの原点である「雪の芸術展」、地域住民が観光客と一緒に雪国情緒を楽しむ「おまつりひろば」は予定通りに開催される。
(写真:県知事賞が新設される雪の芸術展・昨年の市長賞作品「陰と陽」水沢雪まつり会)
《本紙2月14日号1面記事より抜粋》

十日町新聞2月14日号は・・・・第70回十日町雪まつり特集!
▽<雪の芸術展>初の県知事賞受賞団体はどこに 例年以上に注目、栄冠目指し26作品
▽市民手作りおまつりひろば 25会場で多彩に、雪まつり70回記念の催しも
▼一般会計は1.29%減の64億1400万円 津南町新年度予算、津南未来会議や農業専門職員など
▼十日町ICアクセス道路計画を初提示 延長4キロの新市道、塚原―IC―伊達へ
▼清田山キャンプ場を3カ年で改修 スノーピーク監修で年間利用者5千人めざす
▼妻有焼陶芸センターは来月廃止へ、10年余の歴史に幕 旧体育館は地元農業法人の保管所に
▼心をひとつに必ず勝利を 県議選・藤ノ木浩子陣営が事務所開き
▼発生件数・傷者数は過去最少、高齢者関与事故が43.8% 平成30年の交通事故
▼<全中スキー>地元選手活躍、十日町開催に花添える 渡邊脩(川西)がクラシカルで2位
▼俵山紗乙(吉田) 大回転で6位入賞 夏・冬2競技で全中入賞の快挙
▼自ら収穫の「必勝米」を販売 全中スキー、吉田小児童がおもてなし広場で
▼ノルディック世界選手権初出場の児玉美希に激励費 宮沢大志後援会が活躍を願い
▼コモから帰国した留学生・岡村、山田さんが報告会 フォトコンテストの伝達式も
▼髙橋政徳氏が逝去 津南町商工会長など歴任 など

☆★☆十日町市・津南町の新聞販売店・コンビニ、新聞オンライン.COMで販売中☆★☆

■電子版の購読はこちら――
新聞オンライン.COM http://www.shimbun-online.com/latest/tokamachi.html

十日町新聞
十日町新聞デジタル版 定期購読

電子版プレイバック十日町

広告掲載のお申し込み
新聞に取り上げて欲しい情報をお寄せ下さい。
>>こちらまで。
ATOM

RSS