2019年 07月20日 (土曜日)

カテゴリー

« 情報館開館20周年記念「絵本ライブ&トークショー」 | メイン | 講演会「みんなでこれからの観光を考えよう」 »

奉仕の精神は未来永劫継続する 十日町ライオンズクラブが50周年記念式典

190620_01.jpg

 十日町ライオンズクラブ(川田政春会長・会員45人)の認証状伝達50周年記念式典が15日、ベルナティオで開催された。式典にはスポンサークラブの長岡悠久、姉妹クラブの船橋中央、近隣のライオンズクラブ、来賓の関口市長、尾身・小山の両県議など関係者約170人が参集して行われ、川田会長は「平成の時代が終わり、新た時代がスタートしたが、どんなに時代が変わっても、我がライオンズクラブの奉仕の精神は未来永劫継続していくと確信している」と述べ、今後も奉仕の精神を貫く姿勢を改めて示した。
(写真:市などに記念事業の目録を贈呈した川田会長・左)
《本紙6月20日号1面記事より抜粋》

十日町新聞6月20日号は・・・・
▼住民が桑原町長の辞職勧告を請願 津南町議会は反対多数で不採択
▼竜ヶ窪温泉委託料請願は継続審議に 津南町議会、一般質問でも町の姿勢追及
▼魅力ある学びの場を県内に作る 花角英世知事が記者会見で人口減対策語る
▼自主財源比率の向上が課題に 市観光協会総会、インバウンド取り込みも図る
▼西方会長退任、後任に上村良一氏 市スポーツコミッションが総会
▼「松代育ち」マーマレードに栄冠 世田谷・民家の夏みかん、松代で加工
▼着物リメイク衣裳をレンタル まちなか手芸部が新事業スタート
▼藤巻秀正氏が「ギャラリー藤」開設 24日までオープニング展を開催
▼雪と尿酸系樹脂を合わせスノリアに 古川久氏が星芸術を解説
▼利用者の懸命な姿を創作に込めて 市障がい者福祉センター作品展
▼平成音楽史をテーマに演奏 市民吹奏楽団サマーコンサート、聴衆も一体で盛り上がる
▼架空請求詐欺で80万円の被害 市内の50歳代女性が など

十日町新聞
十日町新聞デジタル版 定期購読

電子版プレイバック十日町

広告掲載のお申し込み
新聞に取り上げて欲しい情報をお寄せ下さい。
>>こちらまで。
ATOM

RSS