2021年 09月18日 (土曜日)

カテゴリー

« 《求人》 広告デザイナーを急募 | メイン | 【新型コロナ】津南町の健康増進施設職員2人が感染 »

医療の集約化問題、広く議論を 地域医療構想を考えるシンポジウム開催

210909_01.jpg

 当地域の医療・介護について考えるオンラインシンポジウム「妻有地域の医療介護を考える会」が4日、開催された。これは医療・介護関係者による同実行委員会(十日町市中魚沼郡医師会、つまり医療介護連携センター、妻有地域包括ケア研究会、町立津南病院、県立十日町病院、県立松代病院、新大大学院「十日町いきいきエイジング講座」)が主催、県十日町振興局健康福祉部と津南町の後援により行われたもので、国が「地域医療構想」を進める中で、当地域の医療のあり方について広く議論するため、公に参加者を募って開かれた。
(写真:オンラインで開かれた「妻有地域の医療介護を考える会」)
《本紙9月9日号1面記事より抜粋》

十日町新聞9月9日号は・・・・
▼〈新型コロナ〉市内で2人が感染 連続22日で止まり小康状態
▼町施設の開館やイベントを中止 16日まで、県のコロナ特別警報うけ津南町
▼〈大地の芸術祭〉香港ハウスでオンラインセレモニー 津南町に新作4作品、10月末まで公開中
▼開催できることに感謝 水沢中でコロナ対応・無観客の体育祭
▼市の現状や課題・取り組みを学ぶ 十高松之山分校が市の担当者招き授業
▼オンラインで学びの場提供 十日町JCが小中学生対象にオンラインワークショップ
▼1万8千世帯に「安全たすき」 十日町安協、反射材身につけ交通事故防止を
▼村山土建の村山典隆常務が入会 十日町RCで新入会員入会式
▼根津一良さんが水彩画展を開催 濃淡のはっきりした水彩画で
▼再び「ねころんだLife」出版 フォルトネットが第2弾を制作
▼水沢・我が家の芸術家 水沢地区振興会がおうち時間楽しむコンテスト
▼曽根成龍・吉野由希組が優勝 バドミントン県予選、悲願の全国大会目指し北信越へ
▽【ずーむアップ】十日町市副市長・池田克也さん
▽【紙上作品展】失われる光景を記録に 小坂幸平フォトギャラリー など

☆★☆バックナンバーは十日町新聞社、新聞オンライン.COMで販売しています☆★☆

十日町新聞
十日町新聞デジタル版 定期購読

電子版プレイバック十日町

広告掲載のお申し込み
新聞に取り上げて欲しい情報をお寄せ下さい。
>>こちらまで。
ATOM

RSS