2023年 01月29日 (日曜日)

カテゴリー

« 地域資源活かした地域ツーリズムを 十日町市スポーツコミッションが研究会発足 | メイン | 魚沼初、間伐材など利用し発電 十日町バイオマス発電所が工事地鎮祭 »

明石の湯を来年3月末で閉館、第9回大地の芸術祭に向け美術館に改修 十日町市が方針示す

221215_01.jpg 221215_03.jpg

 十日町市は8日に開かれた市議会産業建設常任委員会で、越後妻有交流館キナーレ温泉棟の改修事業を発表、同棟で営業している「明石の湯」を来年3月末で閉館し、令和6年に予定される第9回大地の芸術祭に合わせて美術館としてリニューアルする方針を示した。現在、キナーレには里山現代美術館MonETと明石の湯が混在している形だが、第9回展に向け施設全体を美術館としてリニューアルし、芸術祭の拠点施設として魅力と集客力を強化する考えだ。説明を受けた議員からは改修に期待感を示す意見が出た一方で、十日町地域(旧十日町市)唯一の公共温泉を閉館する突然の方針発表に戸惑いや疑問の声も多くあがった。
(写真:「来年3月末閉館」の方針が示された明石の湯と改修後の施設全体イメージ)
《本紙12月15日号1面記事より抜粋》

十日町新聞12月15日号は・・・・
▼〈市議会一般質問〉次回の大地の芸術祭も長期開催で 関口市長が改めて強い意向示す
▼100年の伝統を子から孫へ 十日町市野球連盟が100周年記念式典挙行
▼斎藤佑樹さんが球児にエール 野球連盟100周年記念事業として「野球未づくり」講演会
▼(株)千手のいちごに農林水産大臣賞 県施設園芸立毛品評会、越後姫が6年ぶり2回目の受賞
▼21年で入館者400万人を達成 千年の湯、帰省中の齋木孝郎さんに記念品贈呈
▼定数2人減の改正案を賛成多数で可決 津南町議会、来秋の町議選から12人に
▼交通死亡事故ゼロ4000日達成 松之山地域で記念大会
▼郡市交通安全対策協が出発式 飲酒運転の防止で根絶運動を実施
▼技術伝授で除雪オペレーター育成を 県担い手確保協議会が若手社員対象に十日町圏域で初訓練
▼骨粗しょう症予防は継続が大事 村岡治医師が講演、来年冬に西部地区で開業へ
▼1日あたり感染70人超え 新型コロナ、管内で週500人以上
▼十日町総合高生がとおか市で販売実習 出前講座「ひとサポゼミ」の一環で
▼中2日本記録の小海楽空が受賞 市陸協ジュニア最優秀選手、女子は走高跳びの保坂七奈美に
▽全中駅伝、都大路へ意気込み 南中2年連続、30年ぶりアベックの十高 など

十日町新聞
十日町新聞デジタル版 定期購読

電子版プレイバック十日町

広告掲載のお申し込み
新聞に取り上げて欲しい情報をお寄せ下さい。
>>こちらまで。
ATOM

RSS