2024年 04月13日 (土曜日)

カテゴリー

« 一般会計は7%減の342億2千万円 十日町市令和5年度当初予算案 | メイン | 川西山野田で未明に住宅火災、2棟全焼 »

津南町議会が総合診療医等育成制度を否決 注目の町医師確保策に賛成4人、反対9人

230309_01.jpg

 津南町議会は6日、町が町立津南病院の医師確保策として打ち出していた「総合診療医等研修奨学金等貸与制度」の条例案について審議し採決の結果、賛成4人、反対9人の反対多数で否決した。総合診療医を目指す若手医師や病院幹部候補となる医師に育成プログラムと最大で年間2500万円の奨学金・支援金を提供する制度で、桑原悠町長らが昨年10月に厚生労働省で発表して以来注目を集めた。新年度の目玉事業、医師確保策の切り札として期待が高まっていた同事業の否決に、行政や病院関係者に衝撃と動揺が走っている。
(写真:反対多数で条例案を否決した津南町議会)
《本紙3月9日号1面記事より抜粋》

十日町新聞3月9日号は・・・・
▼風雲急を告げ、激しい前哨戦を展開 県議選投票まで1ヶ月、野党共闘悲願の議席奪取なるか
▼市民と野党の共闘で議席を目指す 藤ノ木浩子氏が決起集会、井上参院議員、梅谷代議士らが激励
▼安定した県政、国政、市政を! 自民党十日町支部定期大会で尾身、小山両現職の必勝を期す
▼〈明石の湯問題〉閉館の再検討を求める 市議有志が市に要望書提出
▼地元振興会が改めて市議に明石の湯問題の見解示す 条例改正審議は27日に
▼明石の湯入館者数に誤り 十日町地域地場産業振興センター、市議の指摘で判明
▼会長に吉澤慎一氏が就任 十日町第四北越会が初の総会
▼丸ごと便利な十日町エノキ (株)マイル、「石づきカット」で販路拡がる
▼再エネ学び地域との共生考える 再エネ地域活性協会が6小学校で出前講座
▼十日町地域消防署が積雪現場で訓練 オフロードビークル協会と連携して
▼地上絵、はばたけうえのっ子! 上野でハッピーなことをする会、白鳥に明るい未来託しメッセージ
▼新装された武道館を会場に 3年ぶりに百人一首を楽しむ会
▼合戦だ!雪を楽しむフェス 小学校保護者主導で「田沢っ子スノーフェス」初開催 など

十日町新聞
十日町新聞デジタル版 定期購読

電子版プレイバック十日町

広告掲載のお申し込み
新聞に取り上げて欲しい情報をお寄せ下さい。
>>こちらまで。
ATOM

RSS