2024年 07月14日 (日曜日)

カテゴリー

« キナーレ明石の湯は存続へ 市議会が条例改正案を11対12で否決、美術館改修計画は白紙に | メイン | 〈GWの客足〉コロナ禍前並みに賑わった施設も 「想像以上」、観光回復に手応え »

好天の下華やかに、街中に賑わい 第47回十日町きものまつり

230511_01.jpg 230511_02.jpg

 第47回十日町きものまつりが3日、開催され中心市街地の歩行者天国には「二十歳のつどい」参加者や多くの市民が繰り出し、好天のもと各種イベントや屋台での飲食などを楽しんだ。市によると入込み数は約7千人で、昨年の約4千人から4割強増加した。きものまつりは令和2・3年とコロナ禍で中止となり、昨年3年ぶりに開催。この時は未だコロナ禍の緊迫感の中にあったが、今年はマスクを外す人も多く、参加者のリラックスした笑顔が各所で見られるまつりとなった。
(写真:食べ歩きを楽しむ「二十歳のつどい」参加者と4年ぶりの開催となった十三詣り)
《本紙5月11日号面記事より抜粋》

十日町新聞5月11日号は・・・・
▽宮本茂十郎碑が100周年 十日町織組、4年ぶりに来賓招き招魂祭
▼成長し故郷に恩返しを 十日町市と津南町で「二十歳のつどい」
▼コモ通りで「学舎の記憶展in十日町市」 廃校となった54校の写真展開催
▼高齢化社会をどう乗り越えるか 十日町振興連合会が総会
▼からむし食を十日町の文化に ユーチューブ「越後からむしチャンネル」が大黒沢で撮影会
▼20種の山菜料理に舌鼓 仁田で4年ぶり「春を楽しむ会」
▼ガイドはジオパークの顔 苗場山麓ジオパークガイド認定式、新たに6人がガイドに
▼消防功労で2氏に津南町ほう賞 元町消防団の滝沢満春、村山仁志氏に
▼隠れた善行者の2団体を表彰 十日町ライオンズ賞伝達式
▼地域・協会の支えに感謝 十日町市サッカー協会が優秀者3人1団体を表彰
▼中条龍王がE-Rex下し優勝 ナガセケンコー旗郡市学童野球大会
▼柔道は礼に始まり礼に終わる クロアチアカップ小学生柔道大会 など

十日町新聞
十日町新聞デジタル版 定期購読

電子版プレイバック十日町

広告掲載のお申し込み
新聞に取り上げて欲しい情報をお寄せ下さい。
>>こちらまで。
ATOM

RSS