2024年 03月01日 (金曜日)

カテゴリー

« 好天の下華やかに、街中に賑わい 第47回十日町きものまつり | メイン | 【速報】鈴木議長、宮沢副議長が再選 市議会正副議長選 »

〈GWの客足〉コロナ禍前並みに賑わった施設も 「想像以上」、観光回復に手応え

230518_01.jpg 230518_02.jpg

 多い人で最大9連休となった今年のゴールデンウィーク(GW)。新型コロナウイルス感染症の感染が縮小傾向にある中、観光や帰省など人の動きが活発化、郡市内の観光地・観光関連施設の多くが、第8回大地の芸術祭期間中だった昨年を上まわる人出となった。中にはコロナ禍前並みの賑わいを見せた施設もあった。特に温泉施設は伸びが大きく、関係者からは「昨年以上の集客は予想していたが、想像以上だった」との声も聞かれた。連休明けの8日には新型コロナの感染症法の位置づけが引き下げられ、観光需要の本格的な回復に期待が高まっている。
(写真:観光客や帰省客で賑わった千年の湯とニュー・グリーンピア津南)
《本紙5月18日号面記事より抜粋》

十日町新聞5月18日号は・・・・
▼トレイルランレース「越後まつだい春の陣」で地域活性化を 協力隊員が企画、収益は環境保全に
▼きものの街のキルト展が開幕 中心市街地の60会場に1千点、特設展も
▼春の全国交通安全運動スタート 50年無事故・無違反運転者など表彰
▼歩行者と同様、しっかり左右確認を 吉田地区でシニアカー講習会
▼家に無事帰れますように 安協下条支部、カエルの着ぐるみで児童生徒に呼びかけ
▼交通安全にと市に500万円、町に100万円寄贈 十日町自動車学校が創業60周年で
▼出前授業で看護の魅力を伝える 看護の日、県看護協会が4中学校を対象に
▼農業の新たな取り組みを視察 関口市長が松之山山菜園を
▼山菜と田舎ごっつおを味わう会開催 東京十日町会主催で4年ぶりに
▼旬の味、産地で召しあがれ つなベジ会が津南町で「アスパラフェア」開催
▼十高出身アーティストが凱旋 サバシスターのなちがいこてで単独ライブ
▼往年の名車100台集合 グリーンピアで十日町クラシックカーミーティング
▼つつじ園に子ども達の歓声響き 鐙島小つつじ園で4年ぶり花見会
▼「人権の花」育て優しい心を 人権擁護委が3小学校に苗など贈呈
▼創立150周年を盛り上げよう 中条小、校門前で保護者があいさつ運動 など

十日町新聞
十日町新聞デジタル版 定期購読

電子版プレイバック十日町

広告掲載のお申し込み
新聞に取り上げて欲しい情報をお寄せ下さい。
>>こちらまで。
ATOM

RSS