2017年 07月22日 (土曜日)

カテゴリー

« 吉澤会頭が市の現状を憂いて持論打つ | メイン | <県立病院問題> 市が県に公設民営、松代分院の要望書提出 »

第26代十日町小唄日本一は笹岡亜矢さんに

070705_02.jpg

 第26回十日町小唄日本一優勝大会が1日、クロス10大ホールで開催された。
 同大会は午前9時から開始され、60歳未満の部、60歳以上の部、少年少女の部の3部門で予選会が行われ、60歳未満に36人、60歳以上に67人、少年少女に11人の合計114人がエントリーして日本一を争った。
 午後からは決戦会が開かれ、日本民謡協会の小澤祐水常務理事が審査委員長を務め7人の審査員が慎重に審査した。審査結果を待つ間にアトラクションとして松苧太鼓の演奏などが披露された。
 審査結果の発表が行われ、少年少女の部は中澤神奈子さん(魚沼市)が優勝、準優勝一席に山下弥唄さん(津南町)、二席に若山陽太君(十日町)、60歳未満の部は笹岡亜矢さん(長岡市)が優勝、準優勝一席に萩谷洋美さん(千葉市)、二席に高橋寿子さん(新潟市)、60歳以上の部は浅見幸子さん(新潟市)、準優勝一席に高橋幸子さん(新潟市)、二席に中浜妙子さん(東京都)が選ばれた。
 最後に総合優勝の部が発表され、総合優勝は笹岡亜矢さん、総合準優勝一席に萩谷洋美さん、準優勝二席に浅見幸子さんが選ばれ、小澤審査委員長から賞状とトロフィーが贈られた。第26代・十日町小唄日本一優勝者は笹岡亜矢さんに決定した。
(写真:日本一となった笹岡さん・右から2人目、準優勝の萩谷さん、浅見さん・右、少女優勝の中澤さん)
《本紙7月5日号3面より》

十日町新聞
十日町新聞デジタル版 定期購読

電子版プレイバック十日町

広告掲載のお申し込み
新聞に取り上げて欲しい情報をお寄せ下さい。
>>こちらまで。
ATOM

RSS