2017年 10月20日 (金曜日)

カテゴリー

« 津南町ひまわり畑、いま見頃 | メイン | 市の経常収支比率は県内ワースト3の95.2%に »

大成功の「十日町染織の祭典」 販売額は1億3000万円に

070810_01.jpg 070810_02.jpg

 「染織の祭典・十日町フェア」が3日から5日まで、東京・有楽町の交通会館で開催され、入場した消費者1800人、売上げ1億3000万円と予想を大幅に上回る成績を上げ、大成功を収めた。これは十日町商工会議所が新潟県中越大震災復興基金を使って、販路開拓支援事業として取り組んだもので、同会議所きもの部会が主催して地元買い継ぎ商が前面に出てメーカーと連携して開催し、4年連続で行われる。これまでのきもの関連イベントは十日町織協が主体となって行われてきたが、同会議所のきもの部会が主催するのは初めて。昨年の過量販売問題で大きく市場が混乱して落ち込んだきもの業界にとって、県と市、商工会議所が連携し、産地主導での展示販売会の成功は一つの希望となった。
(写真左から:多くの消費者が入場したフェア会場と応援ゲストの美川憲一のショー)
《本紙8月10日号1面記事より抜粋》

十日町新聞8月10日号は・・・・・
▼「越後妻有・大地の祭り」が開幕 農舞台で「大地に響け!日韓の鼓動」
▼反戦の思い積み重ねて 原水禁十日町大会に市民250人参加
▼北信越中学軟式野球 十中、ベスト4で散る
▼<市少年野球> 西小ファイブが集中打で栄冠
▼難しい縄文土器づくりに挑戦 六箇小で合宿・体験学習
▼連載・十日町石彫シンポ作家紹介(上)−明田一久さん−
▼無人の納屋から出火/行方不明高齢者が遺体で発見 など

十日町新聞
十日町新聞デジタル版 定期購読

電子版プレイバック十日町

広告掲載のお申し込み
新聞に取り上げて欲しい情報をお寄せ下さい。
>>こちらまで。
ATOM

RSS