2017年 08月22日 (火曜日)

カテゴリー

« 帰ってきた伝説のイベント 12年ぶりに手作りソリ大会 | メイン | 雪原彩る3万本のキャンドル 雪原カーニバルなかさと »

グリーンツーリズム推進室を設立 津南町20年度施政方針

080305_01.jpg

 津南町議会3月定例会が3日から26日までの会期で開会し、初日に小林三喜男町長が平成20年度の施政方針表明を行った。この中で小林町長は地域振興課内に定住対策、交流対策事業の中心となるグリーンツーリズム推進室を設立する方針を示し、注目を集めた。小林町長は同室の役割について「昨年スタートの農村体験活動の推進、24年から開始される全国小学校の農村交流プロジェクトの準備、団塊世代の移住受け入れ」と意欲を示している。
(写真:平成20年度の施政方針を述べる小林町長)
《本紙3月5日号1面記事より抜粋》

十日町新聞3月5日号は・・・・・
▼政策集団「せんたく」に小林津南町長が参加
▼温泉排水基準をめぐり勉強会 松之山で温泉学会東日本支部大会 
▼尾身支部長を再選、知事選と衆院選闘う 自民党十日町支部定期大会
▼丸富美が雪の十日町展を開催 県外客らがきものの街を堪能
▼優秀賞の江村さんらを祝う 妻有福祉会後援会がボラの集い
▼総決起大会で士気を鼓舞 まるせんが春の大売出し
▼津南雪まつり/かわにしほんやら雪まつり/キラリあいあい祭 など

十日町新聞
十日町新聞デジタル版 定期購読

電子版プレイバック十日町

広告掲載のお申し込み
新聞に取り上げて欲しい情報をお寄せ下さい。
>>こちらまで。
ATOM

RSS