2017年 11月23日 (木曜日)

カテゴリー

« 映画「降りてゆく生き方」 オーディションに300人参加 | メイン | 新たに産業祭を興して地域活性化図る 十日町商議所が新年度事業計画 »

創ろう!自分の田舎とおかまち 地域づくり研修会開催

080325_01.jpg

 「地域のために何かしたい。でも何をしたらよいか分からない」―そんな思いを抱く市民らを対象とした「創ろう!自分の田舎とおかまち」研修会の第1回「きっかけづくり」が16日、千手コミュニティセンターで開催され市内各地から約120人が参集した。同研修会では寺島義雄氏の講演に続き、市内の儀明劇場協力会、芋川遊志の会、中条四ケ村生産組合、松之山水梨集落、仙田地区営農委員会による事例発表が行われた。市では地域活性化、交流・体験の窓口一本化を目指し「創ろう!自分の田舎とおかまち!ネットワーク」作りを進めている。移住・交流・体験希望者が本市内の情報をHPなどで一目でわかる情報受発信システムの構築に取組んでおり、今回は同事業の第一弾となる。
《本紙3月25日号1面記事より抜粋》

十日町新聞3月25日号は・・・・・
▼妻有陶芸センターのシンボル完成 登窯は試し焼きを経て10月から始動
▼次期衆院選で政権交代を 社民党・近藤、山本氏らが時局講演会
▼映画「降りてゆく生き方」十日町ロケオーディションに300人
▼サケが帰って来れることを願って 下条小児童が稚魚2万尾を放流
▼十日町高校空手道部が11年連続で23回目の全国選抜へ
▼ラポート十日町で県内初のシアターウェディング
▼小中高校長人事異動/津南町人事異動 など

十日町新聞
十日町新聞デジタル版 定期購読

電子版プレイバック十日町

広告掲載のお申し込み
新聞に取り上げて欲しい情報をお寄せ下さい。
>>こちらまで。
ATOM

RSS