2017年 07月22日 (土曜日)

カテゴリー

« 保護者らが十高定時制の存続を求め直訴  | メイン | 定時制は社会復帰の場として存続を 村松県議が津南支部総会で言及 »

田口市長が2期目に強い意欲示す

080425_01.jpg

 2期目を目指す田口市長の連合後援会がこのほど設立され、その設立総会が20日、クロス10で盛大に開催された。支持者ら約570人が参集し、田口市長は病院再編問題、産業振興、高速通信など数々の懸案事項に取り組んで来た1期目を振り返りながら「人間愛、住民主体、本質は現場にありが田口直人の原点だ。これを大事に忘れず、元気な街となるよう全力で取り組む」と2期目に強い意欲を示した。また連合後援会の会長には前回の市長選時に田口直人後援会長を務めた元川西町助役の南雲守氏が、会長代行には桾澤英男氏がそれぞれ就任した。
(写真:2期目に向けて意欲を示す田口市長)
《本紙4月25日号1面記事より抜粋》

十日町新聞4月25日号は・・・・・
▼災害時要援護者避難支援プランなどを発表 市定例記者会見
▼観光庁の観光政策を聞く勉強会など NPOほくほく村が第3回通常総会
▼桜井弘志氏が新会長に 平成20年度市老連定期総会
▼若手職員のサポート室開講 小中学校から過去最多の38人参加
▼元町神社再建本遷座祭を営む 地区住民総出で数百年に一度の祭事
▼ミオンなかさとがプール改修し26日にオープン
▼林野火災相次ぐ/クマ目撃情報が多発 など

十日町新聞
十日町新聞デジタル版 定期購読

電子版プレイバック十日町

広告掲載のお申し込み
新聞に取り上げて欲しい情報をお寄せ下さい。
>>こちらまで。
ATOM

RSS