2017年 12月11日 (月曜日)

カテゴリー

« 土佐礼子選手迎え第30回新雪マラソン大会 | メイン | 織組、買継商、流通販売連との連携で 滝澤理事長が賀詞交換会で決意述べる »

2008夏・大地の祭り来訪者数は前年比3割増に

 今夏開催予定の第四回大地の芸術祭のプレイベントとして昨年8月1日から同月末までの31日間にわたり実施された「2008夏・越後妻有大地の祭り」の総括報告書がこのほど、大地の芸術祭実行委員会から示された。それによると、来訪者数は前年実施の「20007夏・大地の祭り」より6870人増と約3割増加し、全体で約30410人となった。同委員会は「芸術祭開催年以外も、夏の妻有に行けば里山とアートを楽しむことができると、より多くの人が認識した証と思われる。通年観光に向けた大きな一歩」と総括しており、徐々にではあるが通年観光化に向けて着実に認知度が高まっている状況を示した。昨年から始まった芸術祭冬版の「越後妻有アートプロジェクト」は今冬で2回目を迎え、メインとなる2月の十日町雪まつり期間中は、昨年のミオンなかさと会場に加え、まつだい農舞台でも作品展開されるほか、1月や3月もイベントが予定されており、今夏開催の第4回大地の芸術祭に向けた弾みとなるか注目される。
《本紙1月5日号1面記事より抜粋》

十日町新聞1月5日号は・・・・・
▼協働のまちづくりが本格スタート 合同プロジェクト委員会で指針確認
▼7日放送の「徹子の部屋」でPR 女子レス選手が十日町のきもので出演
▼第30回十日町新雪マラソンに県内外から560人 土佐礼子選手をゲストランナーに
▼十日町地区老人クラブ連合会が歳末助け合いに約80万円寄付
▼<県アンサンブルコンテスト>十中金管打楽器八重奏が金賞
▼十日町市社会福祉協議会長・西野幸雄氏が逝去 など

十日町新聞
十日町新聞デジタル版 定期購読

電子版プレイバック十日町

広告掲載のお申し込み
新聞に取り上げて欲しい情報をお寄せ下さい。
>>こちらまで。
ATOM

RSS