2017年 12月11日 (月曜日)

カテゴリー

« 2008夏・大地の祭り来訪者数は前年比3割増に | メイン | スキー場、温泉施設ともに好調 年末年始の入り込み »

織組、買継商、流通販売連との連携で 滝澤理事長が賀詞交換会で決意述べる

090110_01.jpg

 十日町織物工業協同組合(滝澤哲雄理事長)では5日午前10時30分から、クロス10で買継商組合、きもの流通販売連合の3者合同の賀詞交換会を開催した。同交換会には来賓として田口市長、尾身県議、市議会議員、金融団などが出席、織物業界関係者と新年の挨拶を交わした。滝澤理事長は「今年はきもの業界に一段と厳しさが増していくと思われるが、可能な限りの施策を講ずる」として「県繊維協会により全国有力小売店を対象とした緊急市場調査の情報を糧として確かな物づくりに取り組む。買継商組合、昨年新たに組織されたきもの流通販売連合と連携を深めて産地振興を図る」と決意を新たにした。
(写真:賀詞交換会で産地振興策を話す瀧澤理事長)
《本紙1月10日号1面記事より抜粋》

十日町新聞1月10日号は・・・・・
▼今年は千載一遇のチャンスあり 仕事始めで田口市長が訓示
▼小林津南町長が連続入院 年頭訓示は副町長、今月中に復帰予定
▼不況からしっかり新潟県を守っていく 泉田知事が記者会見で所感述べる
▼十日町市が緊急経済対策 緊急雇用1人に10万円支給、臨時職員も新規30人
▼にほんの里百選に松代・松之山 美しい景観、保全活動に評価
▼十日町の婿殿、上州路を快走!~コニカミノルタ坪田智夫主将~
▼吉田明氏の追悼特集を掲載 フリーペーパー清津川通信が など

十日町新聞
十日町新聞デジタル版 定期購読

電子版プレイバック十日町

広告掲載のお申し込み
新聞に取り上げて欲しい情報をお寄せ下さい。
>>こちらまで。
ATOM

RSS