2017年 06月28日 (水曜日)

カテゴリー

« 文言配慮も「毎秒40トン以上」で決着 信濃川中流域水環境検討協 | メイン | 映画「しゃったぁず・4」 畑中監督、ちはるなどが会見 »

市街地巡回・ひろばめぐりバス増便を 第60回雪まつり反省会

090330_01.jpg

 第60回十日町雪まつりの実行委員会・全体反省会が27日、クロス10で開催され、事前に各部会ごとに反省点が纏められたものが発表され、それを基に来年の第61回に向けて反省事項が発言された。今回は特にボランティアガイドからの多くの発言が出され、直接に観光客と接触して不満や意見を聞いた立場から、ひろばめぐりバス、市街地巡回バスの増便などが提案された。第61回十日町雪まつりは、平成22年2月19日から21日の3日間に開催することが決定された。
(写真:全体反省会で挨拶する田口実行委員長)
《本紙3月30日号1面記事より抜粋》

十日町新聞3月30日号は・・・・・
▼県は条件整えば平成27年十日町病院開院を想定 市長と語る会で田口市長
▼JRが期間限定で発電再開へ 農業用水確保に毎秒55トンで半年間
▼旧校舎活用し地域再生を 大地の芸術祭シンポで各取り組みを紹介
▼逸品運動で商品と出会う店に 2年目の勉強会に向け太田巳津彦氏講演
▼豊かな信濃川にサケの稚魚 新潟と長野で市民が同時放流
▼自分次第で人生は変えられる 超満員の聴衆を前に中村文昭氏が講演
▼給食残食ゼロ378日を達成! 鐙島小6年生が2年間かけて など

十日町新聞
電子版プレイバック十日町

広告掲載のお申し込み
新聞に取り上げて欲しい情報をお寄せ下さい。
>>こちらまで。
ATOM

RSS