2017年 06月28日 (水曜日)

カテゴリー

« 「毎秒40~60トンを5年位は検証を」 JR東日本が初提示 | メイン | 中核病院は加速度的に進める 泉田知事が新年記者会見で »

町政のバトンは私が受け継ぐ 津南町長選に上村氏が出馬表明

100105_01.jpg

 元県議の上村憲司氏(60)は先月27日に記者会見を開き、今年6月に予定されている津南町長選挙への出馬を正式に表明した。上村氏は出馬の理由について「12月議会で小林三喜男町長が今期限りの辞任を表明した。誰が町政のバトンを受け継ぐのか、この時期に町民の皆様に不安や動揺、疑心をできるだけ持ってもらいたくないという思いがあった」と述べ、「私のこれまでの経験、政治的知識、手腕がもし津南町に求められるのであれば、自分のこれまでの人生を全て津南町の町政にぶつけてみたい」と出馬の決意を語った。
(写真:出馬への決意を語る上村氏)
《本紙1月5日号1面より抜粋》

十日町新聞1月5日号は・・・・・
▼信濃川のあるべき姿・市民懇談会 市内4箇所で開催し市民から意見聞く
▼知恵と思いで十日町を変えよう 関口市長が仕事始めで年頭訓示
▼笑顔ある町づくり目指して 小林町長が最後の年頭訓示
▼消防本部が消防協力者を表彰 2人の人命救助事績で9人を表彰
▼全国大会出場めざし正月も返上 大縄跳び地区予選出場の中条小チーム
▼1メートル超える雪の中での初詣 年末年始は降雪に見舞われて雪正月
▼発育に玩具と音楽を役立てて ジャスコ十日町店がつくし園に寄贈 など

十日町新聞
電子版プレイバック十日町

広告掲載のお申し込み
新聞に取り上げて欲しい情報をお寄せ下さい。
>>こちらまで。
ATOM

RSS