2017年 12月12日 (火曜日)

カテゴリー

« 町政のバトンは私が受け継ぐ 津南町長選に上村氏が出馬表明 | メイン | JR東が維持流量案を正式提案 第1回信濃川のあり方検討委員会 »

中核病院は加速度的に進める 泉田知事が新年記者会見で

100110_01.jpg

 泉田県知事は4日、本紙などが加盟する新県政記者クラブとの新春記者会見を行い、新年の抱負を語り、本紙からの「十日町市の中核病院の建設」「JR東日本の水利権再申請と晒川ダム検証」「2014問題のほくほく線生き残り」などの質問答えた。中核病院(新十日町病院)の建設について泉田知事は「 関口市長が年度内に解決としているならば、時期が熟すと期待感をもっている。いずれにしても山を一つ越えないと基幹病院に行けないことを認識して、中核病院の整備を加速度的に進めて行きたい」と考えを示した。
(写真:年頭の所感を述べる泉田知事)
《本紙1月10日号1面より抜粋編集》

十日町新聞1月10日号は・・・・・
▼13日に信濃川検討委を発足 市議会全員協で基金案や市民懇なども説明
▼<年末年始の入り込み>悪天候、短連休、不況で客足遠のく スキー場など苦戦  
▼マーケットインの徹底で消費者の信頼を 関口市長が織組賀詞交換会で決意述べる
▼全職員対象は6市町村目 県内でもそう多くない十日町市の特例給与減額
▼高木沢企業に新型木材乾燥設備 木質ペレットの生産力が倍増
▼今月から「とろろ朝まんま」を提供 松之山温泉で美味しい朝ごはんプロジェクト
▼ゲストに横浜国際準優勝の嶋原選手 十日町新雪マラソン大会結果
▼豪快なスマッシュで壮快な汗 川西元旦卓球に県内外から160人 など

十日町新聞
十日町新聞デジタル版 定期購読

電子版プレイバック十日町

広告掲載のお申し込み
新聞に取り上げて欲しい情報をお寄せ下さい。
>>こちらまで。
ATOM

RSS