2017年 12月12日 (火曜日)

カテゴリー

« 一般会計は328億8300万円 十日町市22年度予算案 | メイン | 専門部会試験放流案を了承、JR発電再開に向け大詰め »

申請期限の3月9日に拘らず 共産党市議団の質問に市長が回答

 日本共産党十日町市議団(村山邦一団長)では2月5日付けで、関口十日町市長宛てに「JR信濃川発電所不正取水についての質問状」を提出、6日には記者会見を行って、質問状を提出した事を報告した。質問状は「昭和14年の167トンの取水は国策の名のもとに強権的に行われ、同59年の317トンの取水は密室のトップ階段で強行された」として、「維持流量40トンの提示には時間をかけた十分な検討が必要」など4項目を質問した。同質問状に対して、16日付けで関口市長が文書で次のように回答した。
《本紙2月25日号1面より抜粋》

十日町新聞2月25日号は・・・・・
▼第61回十日町雪まつり 首都圏PR、豪華ゲストが奏功 31万5000人の人出
▼延べ30,000人を魅了 降雪も舞う華麗な雪上カーニバル
▼雪の芸術展 市長賞はアウト・ドア・ファミリー4と水沢雪まつり会
▼第29代ミスに村山、金子、今井さん ミス十日町雪まつりコンテストで選ばれる
▼竹川美子さんに「明石縮み」をプレゼント 「雪の十日町」のヒットを願って
▼雪中温泉など多彩に 2会場で雪アートひろば
▼高橋孝男町議が津南町長選出馬へ 25日に出馬会見
▼市民里山学会で県知事賞の涌井さん(津南小)らが研究発表
▼県が両市長の意見照会 東電の水利権更新に対し など

十日町新聞
十日町新聞デジタル版 定期購読

電子版プレイバック十日町

広告掲載のお申し込み
新聞に取り上げて欲しい情報をお寄せ下さい。
>>こちらまで。
ATOM

RSS