2017年 05月01日 (月曜日)

カテゴリー

« 5年ぶりの大雪で十日町市などに災害救助法を適用 | メイン | 病院規模拡大の必要性を示唆 タウンミーティングで泉田知事 »

津南町上郷で踏切事故 男性が死亡

110201_01.jpg

 1日午後0時12分頃、津南町上郷寺石のJR飯山線・大根原踏切で、普通列車(長野駅発、1両編成)と普通ライトバンが衝突し、車を運転していた小千谷市土川の団体職員・田村哲三さん(59)が午後1時18分に搬送先の病院で死亡した。列車には乗客ら9人が乗っていたが負傷者はなかった。
 列車は踏切を通過していた車の真横に衝突、そのまま約100メートル車を押して停止した。踏切では同日朝から遮断機が下りっぱなしになる不具合が起きており、JR職員5人が修理作業を行っていた。田村さんは職員2人の誘導に従って踏切を通行していたとみられ、十日町署では業務上過失致死容疑も視野に事故原因を捜査中。
(写真:大破した車、奥が衝突した列車)

十日町新聞
電子版プレイバック十日町

広告掲載のお申し込み
新聞に取り上げて欲しい情報をお寄せ下さい。
>>こちらまで。
ATOM

RSS