2017年 12月12日 (火曜日)

カテゴリー

« 市長とJA会長が「安全宣言」 米や農畜産物から放射性物質検出ゼロ | メイン | 中心市街地活性化計画第一次骨子まとまる  »

80.7億円と過去最高の災害補正予算 十日町市

 十日町市議会9月定例会最終日の22日、市は新潟・福島豪雨災害に係る補正予算を追加上程し全員賛成で可決した。追加補正の総額は一般会計だけで約80億1千万円、簡易水道と下水道事業の特別会計を加えた補正総額は80億7千万円と過去最高額となった。災害復旧費の累計は同補正に加え、新潟・長野県境地震復旧費や瓦礫処理費用(約3億1千万円)を含め一般会計で約99億7千万円、特別会計を加えた総累計は110億円を超えた。中越大震災の災害復旧費は旧5市町村分と平成17年度分の合計決算額は一般会計が約72億円、特別会計を加えた全体総額は約91億円だったので、総額で20億円近くも上回る計算となる。関口市長は「今回の被害の甚大さが判る補正予算」と示している。
《本紙9月25日号1面記事より抜粋》

十日町新聞9月25日号は・・・・・

▼市長とJA会長が「安全宣言」 米や農畜産物から放射性物質検出ゼロ
▼<津南町議選>25歳現役大学院生、桑原悠氏が出馬表明 
▼9月議会で予算を通して対処する 放射性物質処理問題で泉田知事
▼里山センター、図書館が移転 松代支所耐震化事業竣工式
▼東電・西大滝ダムに水利権更新を許可 維持流量増も水利期間は20年
▼3ヵ年で3万5千本を植樹 JR東日本が津南でふるさとの森づくり
▼グランロデオが凱旋公演 十日町出身・飯塚昌明さん、出演料を義援金に
▼<県女子クロカンリレー大会>十日町市選抜が優勝 村山、小宮山が好走
▼福島の先生から現状を学ぶ 川治小学校6年が総合学習で など

十日町新聞
十日町新聞デジタル版 定期購読

電子版プレイバック十日町

広告掲載のお申し込み
新聞に取り上げて欲しい情報をお寄せ下さい。
>>こちらまで。
ATOM

RSS