2017年 05月01日 (月曜日)

カテゴリー

« TPPは農業・農村社会を潰す 市議会主催講演会で伊藤氏が警鐘 | メイン | 一緒にギネス記録に挑戦を! 「幸せを呼ぶつるし雛」市内でも制作開始 »

融和を大切に議会運営を 津南町議会議長に河田強一氏

111120_01.jpg

 津南町議会の改選後初の臨時議会が16日開かれ、議長、副議長をはじめ各委員会の人事が決まった。議長、副議長は選挙の結果、議長に河田強一氏(58)、副議長に伊林康男氏(73)が選ばれた。河田氏は「町民に信頼される新しい議会に変わるべき。それが町民の声だとも思う。議会運営には融和を大切にしたい。意見が違っても一緒に力を合わせて行動できる議会にしたい」と抱負を語り、融和を図るため議論の時間を長くとること、議会のインターネット中継の実現などに意欲を見せた。
(写真:議長選で立候補の決意を語る河田氏)
《本紙11月20日号1面記事より抜粋編集》

十日町新聞11月20日号は・・・・・
▼若手市職員が新事業を政策提言 職員知恵出し会議で市政に新風
▼水沢商工会が創立50周年記念式典 半世紀を振り返り未来への決意示す
▼土市駅脇に「憩いの広場」 水沢商工会が記念事業として着手
▼市民有志グループが泉田知事に直訴 ファッション系大学など6構想
▼澤野利弘労務士が厚労大臣表彰 雇用保険の適用推進などに尽力
▼国家財政の基盤を支えて 税を考える週間表彰式
▼西小の阿部由里菜さんが全国最優秀賞 日本製紙連合会絵はがきコンクール
▼詩吟神邑会が男子優勝、女子準優勝 神風流創始85周年記念詩吟大会
▼戦前の貴重な児童作品を展示 松之山地域下川手集落、歴史・教育学的に高い評価
▼555万円騙し取られる 市内の男性が詐欺被害届 など

十日町新聞
電子版プレイバック十日町

広告掲載のお申し込み
新聞に取り上げて欲しい情報をお寄せ下さい。
>>こちらまで。
ATOM

RSS