2017年 03月30日 (木曜日)

カテゴリー

« 市議選は1人超過の少数激戦か 新人3人が名乗り | メイン | クロステン開設30周年を前面に 十日町織物組合新年総会で発表 »

中心市街地活性化の下支えを 十日町商議所が年賀交歓会

130125_01.jpg

 十日町商工会議所(丸山秀二会頭)の年賀交歓会が21日、クロス10で開催された。同年賀交歓会には来賓として関口市長、高鳥代議士、塚田参議院議員、風間参議院議員、尾身県議らが出席、同会議所会員など240人が参集した。丸山会頭は年頭に当たり、「地域の産業と雇用を支えている会員企業の経営を下支えするため、現場の声をとりまとめ、積極的な意見提言を行うとともに、市と業界団体の信頼関係を深めながら、地域経済の振興に取り組む。市の中心市街地活性化計画策定に、当会議所もコンパクトシティの実現を目指し、行政や商業者、地域住民との連携を密に中心市街地活性化事業の下支えを行って参る」と挨拶した。
(写真:年賀の挨拶をする丸山会頭)
《本紙1月25日号1面記事より抜粋》

十日町新聞1月25日号は・・・・・
▼<県議会>原発県民投票条例案を否決 最大会派・自民「国が判断すべき問題」
▼スポーツコミッション5月正式発足 市体協新年会で西方会長が明示
▼津南醸造(株)が越前和紙のラベル採用 人間国宝の岩野市兵衛氏を招へい
▼合同会社まんまが「松之山温泉発泡入浴錠」新発売
▼なぎくんに心臓移植を! 十日町市内でも募金箱を設置
▼大寒に“サクラサク” 津南中等教育学校で合格発表
▼ブラジルでメダル目指す 車いすランナー樋口政幸さんが母校・川西高で講演
▼3年間の成果を見届けて欲しい 総合高美術部卒業制作6人展
▼インフルエンザが急増中 十日町は注意基準超え、学級閉鎖も など

十日町新聞
電子版プレイバック十日町

広告掲載のお申し込み
新聞に取り上げて欲しい情報をお寄せ下さい。
>>こちらまで。
ATOM

RSS