2017年 08月24日 (木曜日)

カテゴリー

« 十日町病院の運営母体は27年までに決める 泉田知事記者会見 | メイン | <参院選公示>安倍政権の行方占う天王山の戦い 新潟選挙区に現新8人名乗り »

子宮頸がん予防接種は国の動向を注視 市議会一般質問で関口市長

 4月の改選後、初の市議会一般質問が17日から3日間にわたって行われた。大嶋由紀子、村山達也、高橋俊一の3人の新人議員をはじめ小嶋武夫、小野嶋哲雄、羽鳥輝子、村山邦一、藤巻誠、宮沢幸子、安保寿隆、仲嶋英雄、鈴木和雄、太田祐子の合わせて13人が質問を行い、市政全般に対する関口市長らの見解を質した。この中で大嶋氏が子宮頸がんワクチンの予防接種で副作用が報告されていることを踏まえ、接種そのものに懐疑的な見方を示したのに対し、関口市長は国の動向を注視する姿勢を見せ、小嶋氏が懸案となっているJR東日本の弁当工場が米粉工場となったことについて疑問を呈したのに対し、関口市長は「5年、10年で終わることのないよう、永続的に続けられる工場となることが重要だ」との認識を示した。
《本紙6月27日号1面記事より抜粋》

十日町新聞6月27日号は・・・・・
▼<参院選>TPP、消費税増税に断固反対 森裕子参院議員が街頭演説
▼雪国観光圏「スノートレイル」 注目集める日本最長280キロコース
▼出向中の山岸航産業観光部長退職 7月1日から復興庁業務へ
▼地元の食材を活かした料理を展開 雪国食文化研究会が設立記念講演会
▼詩人・堀口大学の世界に触れる 長女のすみれ子氏が中条中生徒に講演
▼中条小でボクシング・清水聡選手が講演 交流する総社市出身の銅メダリスト
▼桑原秀典さんが県剣道界を代表して 全国の強豪剣士集う講習会に参加
▼世界でたった一つの「かまわぬ織り」 里山現代美術館ワークショップ
▼水道水から微量のヒ素検出 東下組簡易水道で飲用中止呼びかけ
▼福岡のホストが少女に乱暴 インターネットで知り合う など

十日町新聞
十日町新聞デジタル版 定期購読

電子版プレイバック十日町

広告掲載のお申し込み
新聞に取り上げて欲しい情報をお寄せ下さい。
>>こちらまで。
ATOM

RSS