2017年 07月28日 (金曜日)

カテゴリー

« 子宮頸がん予防接種は国の動向を注視 市議会一般質問で関口市長 | メイン | 専門部会設け流量や水利期間検討 信濃川あり方検討委 »

<参院選公示>安倍政権の行方占う天王山の戦い 新潟選挙区に現新8人名乗り

130704_02.jpg

 参議院議員選挙がきょう4日に公示され、21日の投開票日に向けて17日間の選挙戦に突入する。新潟選挙区では自民現職の塚田一郎氏(49)、生活現職の森裕子氏(57)、比例代表から鞍替えする民主現職の風間直樹氏(46)、共産新人の西沢博氏(33)、社民新人の渡辺英明氏(63)、維新新人の米山隆一氏(45)、幸福新人の生越寛明氏(48)、無所属新人の安久美与子氏(78)の現職新人8人が立候補を表明、改選2議席を巡り激しい戦いを展開している。第2次安倍政権下での初の国政選挙となり、高支持率で勢いに乗る自民党が衆参のねじれを解消し安定政権を実現するのか、党勢復活を期す民主党など野党が巻き返し参院での存在感を維持するのか、安倍政権の今後の行方を左右する天王山の戦いとなる。
(写真左上から:新潟選挙区に出馬を表明している塚田、森、風間、西沢、渡辺、米山、生越、安久の8氏)
《本紙7月4日号1面記事より抜粋》

十日町新聞7月4日号は・・・・・
▼<参院選>ねじれ解消で決められる政治を 塚田一郎総決起大会に700人
▼日本一ブランド存亡の危機 魚沼産地結集し品質向上の決起大会
▼内閣府が市中心市街地活性化計画を認定 5年の計画期間で7月からスタート
▼市職員平均61万5千円、総支給額3.4億円 公務員に夏のボーナス
▼川下りに備え信濃川のブロック撤去へ 国内では初の試みか
▼女性起業支援「ガルラボ」が人気 36店舗が出店し十日町で初開催
▼十日町が18年ぶりに優勝、中條さんが大賞 全日写連県支部対抗コンテスト
▼川治小が5連覇の快挙 交通安全子ども自転車新潟県大会
▼佐藤監督から感謝のビデオレター シネパラで「図書館戦争」上映記念イベント
▼1350万円騙し取られる 高齢男性が名義貸し詐欺被害に
▼自宅前で車にひかれ死亡 高齢女性が草取り中に など

十日町新聞
十日町新聞デジタル版 定期購読

電子版プレイバック十日町

広告掲載のお申し込み
新聞に取り上げて欲しい情報をお寄せ下さい。
>>こちらまで。
ATOM

RSS