2017年 06月29日 (木曜日)

カテゴリー

« 中島、小林、宮沢の3選手激励壮行会 ソチ冬季五輪 | メイン | ごみ焼却施設を26.6億円で大規模改修 市エコクリーンセンター »

上村町長が2期目出馬を表明 津南町長選

140123_01.jpg

 今年7月8日で任期満了を迎える津南町の上村憲司町長は19日、上村憲司後援会役員会の席で2期目出馬を正式表明した。本紙では21日、上村町長に単独インタビューを行い、2期目出馬への思いを伺った。正式な公約や抱負は来月中に固める方針だが、上村町長は就任以来掲げる「強くて、どこよりも優しい町づくり」に向けて、所得の安定と確保に力を入れ頑張った人が報われる社会の構築を目指すと語った。また山積する課題の中で、ファミリーマートとも連携し畑作振興を進め、ニュー・グリーンピア津南の経営確立にも力を注ぐ意向を示した。上村町長は「お陰様の約3年半。一所懸命を今後も貫く」と決意を示していた。
(写真:上村憲司津南町長)
《本紙1月23日号1面記事より抜粋》

十日町新聞1月23日号は・・・・
▼宮沢大志がソチ五輪出場決定 市内から一挙3人が出場
▼構想賛成も建設地に反発の声も ユーモールで中里「道の駅」の初説明会
▼本選出場者12人が決定 十日町きもの女王コンテスト
▼物価上昇分の賃金アップを 連合十日町支部ら旗開きで檄
▼全国初のスノーモビルスクールツアー はつバスが主催し当間高原へ
▼十日町産100%「どくだみ茶」2種 松代出身「がんこ茶屋」とコラボで発売
▼女性専用の野良着を開発・販売へ 「農ギャル女子会」坂下、桑原さんらが
▼十高が初の北信越大会出場へ 県高校バスケットボール大会で3位
▼伝統行事で新婚3組を祝福 松之山温泉で「むこ投げ」「すみ塗り」
▼炎が空高く舞い豊作間違いなし 大白倉で奇祭バイトウ
▼15日の伝統守り“しめ焼き” 上町地区と下町地区がさいの神 など

十日町新聞
電子版プレイバック十日町

広告掲載のお申し込み
新聞に取り上げて欲しい情報をお寄せ下さい。
>>こちらまで。
ATOM

RSS