2017年 02月27日 (月曜日)

カテゴリー

« 「減反廃止報道は誤り」と農水省担当者 農政見直し4改革説明会に300人 | メイン | 市長がまちづくり基本条例提案を決意 協働のまちづくりフォーラム »

空家対策、必要ならば条例化も 市議会一般質問

090615_01.jpg

 十日町市議会3月定例会は10日から3日間にわたって一般質問が行われ、仲嶋英雄、羽鳥輝子、村山邦一、小林弘樹、安保寿隆、藤巻誠、太田祐子、鈴木和雄、高橋洋一、福崎哲也、大嶋由紀子の11氏が市政全般に対する関口市長らの見解を質した。この中で福崎氏が豪雪時などで倒壊が心配される空家対策を問い質したのに対し、関口市長は「自民党から空家対策特別措置法案提出の動きがあり、同法の内容と具体例を照らし合わせ検討を行った上で、必要な場合は条例化も行っていきたい」との意向を示し、国の動きを見守る考えを明らかにした。
《本紙3月20日号1面記事より抜粋》

十日町新聞3月20日号は・・・・
▼震災復興に祈り捧げる 中心商店街で追悼キャンドル「わすれない」
▼産業観光部長に渡辺正範氏 十日町市人事異動
▼新人4人など人事異動 十日町広域事務組合内示
▼上田埼玉県知事から感謝状 十日町市派遣の「除雪支援隊」に感動
▼賃上げが経済発展につながる 連合十日町支部が春闘総決起集会
▼農林水産省局長賞を受賞 (株)千手が全国優良経営体表彰で
▼夢を持つこと、努力する大切さを説く 小林、中島選手が総合高で報告会
▼自信と誇り胸に学び舎巣立つ 津南中等教育学校で3回目の卒業式
▼選抜大会で練習の成果を 十高空手道部保護者会が激励壮行会開催
▼三好園しんざに木製ベンチ寄贈 東小が空き缶回収の資金元手に
▼茂野孝志さんがグランプリ 第8回輝け!にいがたフォトグランプリで
▼サケの稚魚を市民が放流 NPO新潟水辺の会主催で など

十日町新聞
電子版プレイバック十日町

広告掲載のお申し込み
新聞に取り上げて欲しい情報をお寄せ下さい。
>>こちらまで。
ATOM

RSS