2017年 10月18日 (水曜日)

カテゴリー

« 空家対策、必要ならば条例化も 市議会一般質問 | メイン | 半戸哲郎氏が再度出馬を表明 津南町長選 »

市長がまちづくり基本条例提案を決意 協働のまちづくりフォーラム

140327_01.jpg

 第5回「協働のまちづくりフォーラム2014」が23日、クロステン中ホールで開催され60人の市民が参加した。十日町市が主催したもので、開会に当たり地域おこし協力隊バンドが生演奏を披露して、各地に出前演奏する事をPR、第一部では清津峡地区で活動した、地域協力隊の大庭ひとみさんが3年間の活動内容を報告、地域の3人が大庭さんの活動を評価した。第2部では市民活動ネットワークひとサポの渡貫文人氏が、ひとサポの活動報告とまちづくりに関わる多くの人材が居る事を披露した。第4部では関口市長が「30年後の市民に送るメッセージ」を語り、最後に「鼎談・力を結集するまちづくりに向けて」と題して、明治大学の牛山久仁彦教授、関口市長、とおかまち流まちづくりの条例を育てる会の柳大祐氏が、近く議会に提案されるまちづくり基本条例について鼎談を行った。
(写真:「力を結集するまちづくりに向けて」をテーマに鼎談)
《本紙3月27日号1面記事より抜粋》

十日町新聞3月27日号は・・・・
▼地熱の活用で地域を元気にしよう 地熱理解・促進シンポジウム開催
▼津南病院正副院長に坂本、林氏 津南町人事異動
▼十高に鈴木重行氏 郡市内の校長人事、十小は須田氏
▼JA十日町労組も初参加で気勢 重税反対統一行動十日町集会
▼下川手の教育文化を世に発信すべき 子ども達の自主的な学びや活動を評価
▼県内初導入「とおかまちレポ」 スマホで地域の課題を投票
▼21世紀にはばたく教師の会が寄附 雪像づくりの謝礼をエンゼル妻有に
▼当間で初の光と音の幻想的フェス スノーキャンドルや映像も人気集める
▼タイの人気テレビ番組を雪国へ招聘 雪国観光圏が
▼次の五輪まであと4年しかない ソチ五輪出場の宮沢大志選手が報告会
▼市内3小学校で最後の卒業式 閉校の孟地小、奴奈川小、松里小で
▼36年の歴史に幕 北原保育園で閉園式 など

十日町新聞
十日町新聞デジタル版 定期購読

電子版プレイバック十日町

広告掲載のお申し込み
新聞に取り上げて欲しい情報をお寄せ下さい。
>>こちらまで。
ATOM

RSS