2017年 02月27日 (月曜日)

カテゴリー

« “春”を掘り出せ! 津南町で豪雪地面出し競争 | メイン | 観光立市めざし新観光案内所を同時開設 ほく線十日町駅と松代ふるさと会館に »

旧西脇ビルと市分庁舎を新たな活動拠点に 市民活動センター・交流センター設計固まる

150326_01.jpg 150326_02.jpg

 中心市街地活性化基本計画の拠点施設として整備される「市民活動センター・まちなか公民館」(本町3・旧西脇ビル)、「市民交流センター」(本町2・市役所分庁舎)の設計案がほぼ固まり、15日に旧西脇ビルで開かれたまちなかステージフェスタで設計者の㈱青木淳建築計画事務所から示された。設計には一昨年11月から市民ワークショップを重ね、同事務所も分室を市内高田町1に設けるなどして市民の意見を反映。両施設は市民活動の拠点として、ギャラリー、陶芸や染め物等の工作スペース、茶室、半屋外で開放的なマーケット広場などを盛り込んだ新しい施設に生まれ変わる。
(写真:活動センターのマーケット広場と交流センターの和室・茶室の完成イメージ)
《本紙3月26日号1面記事より抜粋》

十日町新聞3月26日号は・・・・
▼“奇跡の集落”が大震災10年を振り返る 池谷集落会主催で復興シンポジウム
▼長岡技科大と十日町市が締結式 包括連携協定で地域の未来づくり
▼課長級4氏が退職、地域振興課長に江村善文氏 津南町人事異動
▼十日町市はアウトドアの条件が整っている スノーピークの山井社長が講演
▼一年毎に検証し、成果示すと予算付く 自民党定期大会で高鳥氏が地方創生に言及
▼特殊詐欺被害防止で表彰状贈る 北越銀行十日町支店の村山副支店長に
▼全国一の豪雪から“春”を掘り出せ! 津南町で豪雪地面出し競争〔AR動画あり〕
▼過去最高の戦士500人が挑戦 越後まつだい冬の陣のっとれ!松代城〔AR動画あり〕
▼十高で初のキャリア教育授業 地元社会人20人がゲスト講師に
▼公立として43年間の歴史に幕 上野保育園が閉園式
▼コモ通りに12台の防犯カメラ 未然防止めざし23時間稼働中
▼「雪下にんじん」の収穫始まる 人気集める雪国の春の味覚 など

十日町新聞
電子版プレイバック十日町

広告掲載のお申し込み
新聞に取り上げて欲しい情報をお寄せ下さい。
>>こちらまで。
ATOM

RSS