2019年 08月18日 (日曜日)

カテゴリー

« 大正琴おさらい会 | メイン | 魚プロジェクト »

なじょもん企画展「技と造形の縄文世界—形と文様にみる美の心」

 企画展「技と造形の縄文世界—形と文様にみる美の心」が9月7日(土)から11月4日(月・振替休日)まで津南町農と縄文の体験実習館なじょもんで開催される。
 限りない表現欲からの発想による土製造形、機能的欲求からの精巧な調和と破調の石製造形、類なき造形世界から縄文文化の魅力を探る。
 入場無料、時間は午前9時から午後5時まで、月曜休館(祝日の場合は翌日休館)。
 関連して、シンポジウム「越後・津南の土偶ー河童形土偶とその地域性」が9月29日(日)、午後1時から津南小学校で開かれる。
 文化庁の原田昌幸氏による講演「形態から見た土偶の諸型式」、討論会、國學院大學名誉教授の小林達雄氏による講話が行われる。参加費2千円、申込みは9月13日までに津南町教育委員会文化財班(電話025―765—2299)まで。

十日町新聞
十日町新聞デジタル版 定期購読

電子版プレイバック十日町

広告掲載のお申し込み
新聞に取り上げて欲しい情報をお寄せ下さい。
>>こちらまで。
ATOM

RSS