2019年 12月09日 (月曜日)

カテゴリー

« ★ 今週のAR動画 ★ 十日町新聞11月28日号 | メイン | 千手神社合格祈願祭 »

秋山郷最奥の未開通区間の開通目指し 国道405号未供用区間開設促進期成同盟会設立

191128_01.jpg 191128_02.jpg

 長野県栄村切明から群馬県中之条町・野反湖までの国道405号未開通区間の開通を目指す「国道405号未供用区間開設促進期成同盟会」の設立総会が20日、栄村役場で開催された。同国道は秋山郷の最奥・切明から中津川の源流にあたる野反湖までの間が未だ開通しておらず、地元の秋山郷住民を中心に長く開通の要望活動が行われてきた。かつては草津街道として信濃川の鮭などを運ぶため多くの往来があった同区間。開通後は新潟・長野と群馬を結ぶ観光・物流道路、柏崎刈羽原発の事故を想定した避難道路として期待されている。期成同盟会は津南町、栄村、中之条町3町村と新潟、長野、群馬3県の行政関係者、県議、町村議らで構成され、未開通区間11kmの開通と冬期閉鎖になる悪路・野反湖―和光原間10kmの拡幅整備を求め、国県への要望活動を展開していくとしている。
(写真:設立総会で開通に向けて気勢をあげる関係者と国道405号の未開通区間)
《本紙11月28日号1面記事より抜粋》

十日町新聞11月28日号は・・・・
▼白川勝彦元自治大臣が死去 ほくほく線、あてまリゾートに尽力
▼歴史に花咲くきもの文化 きものの祭典in十日町、市内国民文化祭行事の大トリ飾る〔AR動画あり〕
▼アートの香る街づくりの一翼担い 十日町市芸術協会設立30周年記念式典
▼水防用に1トンパックを常備、堤防改修は国の検証踏まえ見直しも 足滝住民説明会
▼水力発電開始から80年 JR宮中ダム、東電信濃川発電所で合同イベント
▼十日町小嶋屋社長・小林均氏に厚労大臣表彰 生活衛生厚労で
▼縄文国宝の活用とまちづくりを考察 国宝指定20周年シンポジウム
▼桜花レスリングクラブ15周年祝う 日本レスリング協会福田会長ら出席
▼流れに乗り、またも十日町が制す 県女子駅伝、22年ぶり3回目の優勝果たす
▼卒業生を迎え「はたちを祝う会」 川西高等特別支援学校、在校生や保護者らが節目祝う
▼老朽化により水道管が破損 城之古、高山で広く断水やにごり
▼勇屋織物(株)会長・阿部茂壽氏が死去 など

☆★☆バックナンバーは十日町新聞社、新聞オンライン.COMで販売しています☆★☆

十日町新聞
十日町新聞デジタル版 定期購読

電子版プレイバック十日町

広告掲載のお申し込み
新聞に取り上げて欲しい情報をお寄せ下さい。
>>こちらまで。
ATOM

RSS