2024年 05月22日 (水曜日)

カテゴリー

« 〈きものフェスタ2023〉コロナ禍前と同規模で盛大に ユーザー審査、一般公開が復活 | メイン | キナーレ明石の湯は存続へ 市議会が条例改正案を11対12で否決、美術館改修計画は白紙に »

地域住民の安全安心のために労災ゼロ誓う 4年ぶり建設産業安全大会、節目の40回に1200人参集

230427_01.jpg

 第40回十日町・津南地域建設産業安全大会が20日、市総合体育館で挙行された。大会は4年ぶりに開催され、およそ1200人が参集。高橋一志大会委員長は「厳しい環境の下でも地域住民の安全・安心のために労働災害ゼロに向けて邁進する」と決意を述べた。また記念講演では東京五輪男子マラソン代表の服部勇馬選手(トヨタ自動車・中里中出)が講師として登壇。自身の競技生活を例に「個人の問題がチームに直結してしまう。小さなミスが結果として大きくなる」と断言、参集者は安全は全てに優先することを改めて誓っていた。
(写真:事業場優良賞を授与される松広建設)
《本紙4月27日号面記事より抜粋》

十日町新聞4月27日号は・・・・
▽入念な準備がけが予防につながる 服部勇馬選手が建設産業安全大会で記念講演
▼松之山支店統合の見直しを 松之山自治振興会がJA十日町に住民8割超の署名提出
▼芸術祭の通年プログラム 29日から「2023年の越後妻有」
▼令和4年度で解散、市観光協会に統合へ 観光協十日町支部が解散臨時総会
▼次回が新しい雪まつりのスタート 第74回十日町雪まつり実行委員会
▼水利権更新を機に地域還元を 「信濃川水系の水利権を考える会」設立
▼井沢会長が本気の姿勢求める 十日町商工会議所青年部が総会
▼産地振興に貢献した8人を表彰 十日町織物産地振興褒賞表彰式
▼春日寛弁護士が出版記念祝賀会開催 日本さくらの会、東京十日町会などが祝う
▼インド祭in十日町開催 インド大使館からマヤンク公使招き
▼丸山直之さんに感謝状 山野田の深夜火災で人命救助
▼最期まで自分らしく生きるために 十いろ終活セミナー、老後や終末期を考える文化醸成を
▼全国大会等での活躍を称えて 津南町学術文化・スポーツ奨励賞、20人6団体を表彰
▼3年連続で北信越大会出場へ 壮年ソフトボール大会、十日町SBCが県予選で2位に
▼プレーは一流、マナーは超一流 津南町スポーツ少年団が4年ぶりに入団式
▼歴史・文化学び郷土愛育む 「地域探求コース」新設の松代高1年生が地域探求 など

十日町新聞
十日町新聞デジタル版 定期購読

電子版プレイバック十日町

広告掲載のお申し込み
新聞に取り上げて欲しい情報をお寄せ下さい。
>>こちらまで。
ATOM

RSS