2024年 03月01日 (金曜日)

カテゴリー

« 魚沼地域の課題を国政に届ける 高鳥修一を支援する三魚沼連絡協議会発足 | メイン | 〈市議会一般質問〉ほくほく線ミニ新幹線化に大きな期待 関口市長、高速鉄道検討委への参画求める »

町内生産者2組が最高賞受賞 津南町で米・食味分析鑑定コンクール国際大会開催

231207_01.jpg 231207_02.jpg

 国内最大級の米コンクール「第25回米・食味分析鑑定コンクール国際大会inつなん」が1日、2日の両日、ニュー・グリーンピア津南で行われた。米・食味鑑定士協会(鈴木秀之会長・大阪府)と、津南町などからなる実行委員会の共催によるもので、新潟県で初めての開催。国内や中国、台湾、韓国から計5092点の出品があり、最高賞の「国際総合部門」金賞(18点)は県内から3組、そのうち津南町から桑原健さん(農事組合法人グリーンアース津南)と㈱麓の2組が受賞した。
〔写真:コンクールの最高賞受賞者と鈴木会長、桑原町長ら(左)、官能審査を行う審査員〕
《本紙12月7日号面記事より抜粋》

十日町新聞12月7日号は・・・・
▼2月16、17日に西小をメイン会場に 第75回十日町雪まつり、実行委で概要決まる
▼30年後もキラリと光る十日町 十日町商工会議所青年部が藻谷浩介氏招き未来創造セミナー
▼回廊と温泉をつなぐエントランス 明石の湯改修工事が完了、設計思想に近い形に
▼中小企業・小規模事業者への支援を 商工会議所が市の産業振興に対する要望書提出
▼東日本台風クラスの洪水に対応 県信濃川整備計画変更、目標流量を引き上げ整備を追加へ
▼医師確保へ新研修プラン 津南町、給与上乗せなどで
▼クロアチアホームタウンクラブがクロアチアを公式訪問 さらなる交流へ各協会と連携
▼松代郵便局にATMを開設 ゆきぐに信用組合、松代商工会で出張窓口も開始
▼油流出の原因など発表 JR東日本千手発電所、1日から発電再開
▼東京五輪パラの遺産として寄贈 十日町建築組合、木材活用リレーで市にテーブルを
▼地域の暮らしから看護の心を学ぶ 十日町看護専門学校、1年生28人がふれあい学習発表会
▼今年は保育園児も協力して 松代商工会青年部がふるさと会館にクリスマスツリー設置
▼総合高校で書芸家平野氏が講演 書芸のパフォーマンスを披露
▼「サッポロ一番」に清津渓 限定スヌーピーデザインに採用
▼風巻光が4位入賞 総理大臣杯ウエイトリフティング選手権
▼妻有一輪車協会の小杉愛夏、丸山煌喜が栄冠に輝く 全日本一輪車マラソン大会
▼史上初の3部門優勝、全国へ 神邑会が全県詩吟大会で など

十日町新聞
十日町新聞デジタル版 定期購読

電子版プレイバック十日町

広告掲載のお申し込み
新聞に取り上げて欲しい情報をお寄せ下さい。
>>こちらまで。
ATOM

RSS