2017年 09月25日 (月曜日)

カテゴリー

« ★ 今週のAR動画 ★ 十日町新聞8月31日号 | メイン | 赤十字救急員養成講習会 »

三者協定締結し新たなステージへ 清津川分水問題、県仲介で十日町と南魚沼

170831_01.jpg

 東京電力・湯沢発電所が清津川から取水発電し、その全量を魚野川に放流している「清津川分水問題」について22日、米山隆一県知事と清津川流域の関口芳史十日町市長、魚野川流域の林茂男南魚沼市長の三者による協定書締結式が県庁で開催された。同協定書は今年7月の第19回「清津川・魚野川流域水環境検討協議会」で合意した内容を踏まえて5項目で構成。根本的解決策を長期目標とし、増放流が決まった清津川の試験放流影響調査を県が5年間掛けて行い評価することなどが盛り込まれており、早急な根本解決が極めて困難な状況下で一定の区切りとなった。今後もお互いの立場を尊重しながら、三者は解決に向けてさらに協議を続けていく方針だ。
(写真:三者協定を締結し握手を交わす3首長)
《本紙8月31日号1面記事より抜粋》

十日町新聞8月31日号は・・・・
▼魚沼圏域版「ご当地ナンバー」目指し連携 魚沼5市町、「将来の魚沼考える一歩」と期待感
▼飯山〜中里間の信濃川を国直轄に 知事変わり新潟県もようやく一体要望か
▼真夏の成人式に新提案「夏フリ」 きものブレインが若手社員発案で夏用の振袖を開発
▼国際RC第2560地区ガバナーが公式訪問 十日町RCと十日町北RCを指導
▼<十日町おおまつり>週末と重なり天候に恵まれ盛大に 民謡流しは過去最多参加〔AR動画あり〕
▼中条太子堂で上宮聖徳太子33年大祭挙行 700年来の歴史と伝統を誇り
▼関東ブロックから全国大会目指す 商工会青年部意見発表会で星名佑太さんが県最優秀賞
▼水落日子さんが審査委員長賞 曹洞宗青少年書道展で
▼新潟トヨタ自動車十日町店に感謝状 消防協力者として被害拡大防止
▼6年ぶり完全復活の自然釣り堀賑わう お盆恒例の清津川さかなまつり
▼ねんど作品づくり体験教室実施 西武地区振興会が創立30周年事業に合わせ
▼十日町総合高生徒が申告書を作成 初のインターンシップ開催 など

十日町新聞
十日町新聞デジタル版 定期購読

電子版プレイバック十日町

広告掲載のお申し込み
新聞に取り上げて欲しい情報をお寄せ下さい。
>>こちらまで。
ATOM

RSS