2022年 05月28日 (土曜日)

カテゴリー

« 【新型コロナ】市内14人感染、学校関連で新たな集団感染 | メイン | 【新型コロナ】十日町市で14人が感染 »

日本遺産からひらく十日町市の文化観光 日本遺産シンポジウム、ストーリー活用で経済活性化を議論

220127_01.jpg 220127_02.jpg

 日本遺産シンポジウム(十日町市文化観光推進協議会主催)が16日、段十ろうで開催された。十日町市には「『なんだ、コレは!』信濃川流域の火焔型土器と雪国の文化」(平成28年度認定/十日町市・新潟市・三条市・長岡市・津南町・魚沼市のシリアル型)と「究極の雪国とおかまち―真説!豪雪地ものがたり―」(令和2年度認定/地域型)の二つの日本遺産ストーリーがあり、シンポはそれぞれの認定ストーリーを活用した文化観光推進について考えるもの。公益社団法人日本観光振興協議会総合研究所顧問の丁野朗氏が「文化で地域をひらく~文化観光の考え方と手法」と題して基調講演を行い、その後、同じ日本遺産に認定された石川県小松市と福井県小浜市の代表者が事例発表を行い、現状を紹介した。続いて丁野氏を中心にパネルディスカッションが行われ、文化観光推進による経済活性化について議論を深めた。
(写真:基調講演を行う丁野氏とパネルディスカッション)
《本紙1月27日号1面記事より抜粋》

十日町新聞1月27日号は・・・・
▼〈新型コロナ〉市内で2つの集団感染 7日で感染27人、市議2人
▼新潟県にまん延防止措置適用 来月13日まで、飲食店に時短要請
▼クロアチア共和国から十日町市に感謝状とメダル 東京五輪事前キャンプの受け入れに
▼新規創業のカフェや養蜂など支援 市ビジネスプラン審査会、3人の事業プランを採択
▼イオンが100万円分購入 十日町市ふるさとの森クレジット
▼半生記にわたり奉仕活動 北新田長者クラブが設立50周年記念式典
▼今冬も出動、地域に安心感を! 除雪ボランティア「夢雪隊」が高齢者宅で雪下ろし
▼ナイトミュージアム初開催 29日から大地の芸術祭の里・冬
▼温かい吉田のおかげで今の私がある 北京冬季五輪、吉田中で美希選手の激励壮行会
▼チンコロ170個をプレゼント つまりちんころ愛好会があおのもりの園児に
▼赤い羽根共同募金新企画「食べて応援募金」 市内6店舗で4万円を寄贈
▼牧田鈴葉(松代中)がクラシカル優勝 クロカン国体予選、高校生破り栄冠
▼藤木果歩さん(南中)が最優秀賞 県中学生人権作文、教育長賞に池内大翔君(同)
▼シカの角でアクセサリー作り 篠山縄文カレッジ、悠久の縄文時代に思い馳せ
▼華麗な演技で練習の成果披露 東一輪車クラブが発表会
▼60代男性が架空請求詐欺被害 複数回、合計90万円騙し取られる など

十日町新聞
十日町新聞デジタル版 定期購読

電子版プレイバック十日町

広告掲載のお申し込み
新聞に取り上げて欲しい情報をお寄せ下さい。
>>こちらまで。
ATOM

RSS