2024年 04月25日 (木曜日)

カテゴリー

« まちづくりフォーラムⅡ〜農山村からの地方創生〜 | メイン | 一般会計は7%減の342億2千万円 十日町市令和5年度当初予算案 »

3館連携企画展「山内写真館資料写真展」「ムシが支えた越後妻有の伝統美」

 十日町市博物館、森の学校キョロロ、十日町情報館の3館連携企画展として「第14回山内写真館資料写真展『昭和の十日町』〜心に残ったわたしの1枚〜」と「ムシが支えた越後妻有の伝統美—カイコと共にある里山の暮らし編—」が3月11日(土)から情報館で開催される。
 山内写真館資料写真展では、主に昭和30〜50年代にかけての雪国十日町の暮らしや織物生産工程を写した約40点の写真を、整理作業に携わった十日町市古文書整理ボランティアメンバーの体験や思い出を綴った解説文を添えて展示する。
 ムシが支えた—では、絹織物の原材料となったカイコなどについて写真やパネル、標本などで紹介する。
 両企画展の関連図書の特設コーナーも設けられる。会期は3月23日(木)まで。入場無料。

十日町新聞
十日町新聞デジタル版 定期購読

電子版プレイバック十日町

広告掲載のお申し込み
新聞に取り上げて欲しい情報をお寄せ下さい。
>>こちらまで。
ATOM

RSS