2024年 02月29日 (木曜日)

カテゴリー

« 石川県能登で最大震度7の地震 十日町市で震度5弱、津南町で震度4 | メイン | ほくほく線ルートは魅力的な案だ 花角知事が年頭記者会見で高速鉄道検討委の新案に見解 »

越後妻有2024 大地の芸術祭 冬

 「越後妻有2024 大地の芸術祭 冬」が1月13日(土)から3月10日(日)まで、越後妻有里山現代美術館MonET、まつだい農舞台などで開催される。
 MonETでは13日から「冬の遊び場」(土日)、連続企画展第4弾「リバース ストリング」、20日から企画展「水平の人|雪を見る」(土日祝)、農舞台では13日から企画展「里山雪の遊園地2024」を開催。また期間中、「FC越後妻有体操教室」が明石の湯、まつだい郷土資料館、奴奈川キャンパスで計13回行われる(1回500円)。
 MonETの企画展「リバース ストリング」は、画家・田中藍衣の新作で構成する個展。粒子状に砕いた鉱石からなる「岩絵具」を用いた作品は、ざらざらとした質感と粒子のきらめきが特徴だ。火水定休、同館の個別鑑賞券(一般1200円、小中学生600円)で鑑賞できる。2月24日には、関連イベント「身体を使って雪中絵画を作ろう」(午後1時から)が開催される。
 問い合わせは「大地の芸術祭の里」総合案内所(電話025—761—7767)へ。

十日町新聞
十日町新聞デジタル版 定期購読

電子版プレイバック十日町

広告掲載のお申し込み
新聞に取り上げて欲しい情報をお寄せ下さい。
>>こちらまで。
ATOM

RSS