2024年 06月18日 (火曜日)

カテゴリー

広域圏イベント情報



高校生歌うま選手権2024

 高校生歌うま選手権2024の予選会が8月1日(木)、18日(日)、9月1日(日)、市内高山3のカラオケバーディで開催される。
 今年は高校生であれば十日町・津南地域外からでも出場できる。時間は午後5時から、定員は各回15人。
 課題曲の中から1曲選んで歌い、審査員やDAM AIの採点で順位を決める。各回の上位者は12月14日に段十ろうホールで開催するグランドチャンピオン大会に出場することができる。同大会優勝者には商品として3万円分の商品券や福商が贈られる。
 予選会の応募締切は、8月1日が7月15日、8月18日が8月3日、9月1日が8月20日。敗退者が後日の予選会に再出場することは可能。
 申込み・問い合わせは主催のNPOひとサポ(電話025—761—7444)の樋口さんまで。

市民かつどう教室「学じろう」

 NPOひとサポでは8月から開講する市民かつどう教室「学じろう」の参加者を募集している。
 デッサン、マジック、エコクラフトかごバック、歌、モルタル造形、囲碁、刺繍、ヨガ、太極拳、やきもの、ミニチュアジオラマ造り、きもの着付け、中国語、お肌の手入れ、茶道の15教室が十じろうで月2回、10月まで計6回開かれる。初心者向け。
 対象は十日町市民で、小学生以下は保護者の同伴の教室あり。定員各10人程度。参加費3千円(教室により材料費など別途徴収あり)。
 申し込みは6月30日までに十じろう(本町3、電話025—761—7444)まで。

2024年06月06日

第5回交差する表現—7人の彫刻家たち

 十日町石彫シンポジウム参加作家らによる「第5回交差する表現—7人の彫刻家たち」が6月15日(土)から29日(土)まで、東京銀座の創英ギャラリーで開催される。
 同シンポジウムを提唱した二科会員の藤巻秀正氏(住吉町)が同ギャラリーのオーナーから5年前に依頼を受けて始まったもので、作家にとって銀座は、1度は発表したい場所だ。
 展示作家は明田一久、伊藤哲一、加藤裕之、角谷豊明、藤巻秀正、本多正直、渡辺忍。詳細は同ギャラリーホームページへ。

十日町看護専門学校学校説明会

 県立十日町看護専門学校の学校説明会が6月15日(土)、7月6日(土)、29日(月)に同校で開かれる。
 学校紹介、演習体験、施設見学、個別相談、在校生による学生生活紹介・入試対策など。希望者には募集要項、過去の入試問題を配布する。
 時間はいずれも午前9時半から。申し込み不要。問い合わせは同校(電話025—757—3450)まで。

エネルギー問題連続講座&写真展「福島原発事故13年後の今」

 十日町・津南地域自治研究所(齋木文夫代表)主催の第20回エネルギー問題連続講座が6月23日(日)、午後1時半から段十ろうで開催される。
 第1部では東日本大震災で甚大な被害を受けた福島を現地視察したメンバー3人による報告会が行われる。
 第2部は柏崎刈羽原発活断層問題研究会の大野隆一郎氏による講演「能登半島地震を受け、改めて柏崎刈羽原発再稼働を考える」が予定されている。
 参加費は500円で、定員は当日先着80人。詳細は齋木代表(電話090—4946—7570)へ。

 また、関連して写真展「ふるさとにもどれない—福島原発事故13年後の今—」が23日から29日まで、段十ろう雁木ギャラリーで開かれる。

採用戦略強化セミナー

 県南魚沼地域振興局などが主催する「採用戦略強化セミナー」が7月4日(木)から全3回の日程で南魚沼市六日町の南魚沼市事業創発拠点MUSUBI—BAで開かれる。
 採用戦略の構築を学ぶ。講師は㈱モザイクワークの杉浦二郎社長。
 対象は、十日町市、津南町、南魚沼市、湯沢町、魚沼市に本社または主要な事業所がある企業で、2024、25、26年大卒者を対象に採用活動を実施・計画し、セミナー全3回に参加できる企業。
 開催日は7月4日、8月8日、9月5日で、時間はいずれも午前10時から。定員20人程度(各社2人まで)。参加費は1人1千円。
 申し込み締め切りは6月28日。問い合わせは南魚沼市まちづくり推進機構(電話025—778—0511)まで。

管谷怜子公開レコーディングリサイタル

 ピアニスト・管谷怜子さんの公開レコーディングリサイタルが7月19日(金)、午後7時から段十ろうで行われる。
 管谷さんは昨年、段十ろうでデビューアルバム「《1853》ピアノソナタの黄昏」を録音。今回のリサイタルではベートーベンのピアノソナタ8番「悲愴」、第14番「月光」、第23番「熱情」を演奏・録音する。入場料4千円、全席2階で自由席。チケットは段十ろう(通常販売・Web販売)、イープラスで販売している。問い合わせは同館(電話025—757—5011)へ。

黒川伊保子講演会

 妻有ショッピングセンター30周年記念「黒川伊保子特別講演会」が8月4日(日)、午後1時半から段十ろうで開催される。
 黒川氏は㈱感性リサーチ社長、人工知能研究者、随筆家で、感性研究の第一人者、脳の気分を読み解くスペシャリストとして知られる。「まだ間に合う!子どもや孫のために学ぶ今の子育て5つの黄金ルール」をテーマに話す。
 チケットは無料で、全席指定。イオン十日町店のサービスカウンターで配布している。受付締め切りは7月30日。

2024年05月29日

鈴木武右衛門・酒井良2人展

 市内稲葉の星と森の詩美術館では6月7日(金)から7月28日(日)まで、「鈴木武右衛門・酒井良 2人展—十日町石彫プロムナードの作家たち2024」を開催する。
 7月6日(土)午後2時からは酒井良、鈴木武右衛門家族によるギャラリートークも予定されている。同時開催は「刀匠 天田昭次・收貞兄弟展」。
 入館料は一般500円ほかで、火曜日休館。詳細は同館(電話025—752—7202)か同館HPへ。

信越トレイル自然環境調査

 信越トレイルの自然環境調査が6月16日(日)、17日(月)の両日、上越市の伏野峠周辺で行われる。
 動物や植物の専門家と一緒に見かけた動植物を記録しながらトレイルを歩く。特別な知識は必要なく、誰で参加可能。
 16日は午前8時に上越市の光ヶ原高原キャンプ場集合、セクション5(伏野峠—同キャンプ場)を調査し、17日は午前8時に栄村の野々海高原テントサイト集合、セクション6(伏野峠—同サイト)を調査する。
 申込み・問い合わせはNPO法人信越トレイルクラブ事務局(電話0269—69—2888)まで。

十日町新聞
十日町新聞デジタル版 定期購読

電子版プレイバック十日町

広告掲載のお申し込み
新聞に取り上げて欲しい情報をお寄せ下さい。
>>こちらまで。
ATOM

RSS