2022年 12月01日 (木曜日)

カテゴリー

広域圏イベント情報



2022年10月19日

杉原豊孝水彩画展「カールベンクスさんの再生古民家」

 杉原豊孝水彩画展「カールベンクスさんの再生古民家」が11月10日(木)から12月11日(日)まで、松代の古民家カフェ「澁い」で開催される。
 松代地区に住みながら、長年にわたって古民家の再生を手がけているカールベンクスさんの建築物と風景を描いた透明水彩画12点が展示される。
 杉原さんは長野市在住で、ベンクスさんの古民家再生に魅了され、描き続けてきた。
 開催日は木、金、土、日と祝日で、午前11時から午後4時まで。入場無料。

だんだんテラスコンサート

 第7回だんだんテラスコンサートが12月11日(日)、午後2時から段十ろうで開催される。
 出演は十日町市民合唱団、十日町ゴスペル「雪の華」、シルキー・クイーンズの3団体。入場無料で、問い合わせは段十ろう(電話025—757—5011)へ。

2022年09月07日

苗場山麓ジオパーク 子ども探検隊

 苗場山麓ジオパーク振興協議会では9月から開催する「苗場山麓ジオパーク 子ども探検隊」の参加者を募集している。
 全4回、時間は午前9時から、1回のみでも参加可、無料。対象は津南町・栄村の小学3〜6年生、定員は各回20人。
 申し込みは各開催日の1週間前までに、町ジオパーク推進室(電話025—765—1600)まで。
 内容と開催日、場所は次の通り。
 ▼「生きものハンティング」=9月17日、栄村北野植物園▼「川原でお宝さがし」=10月15日、中津川または千曲川▼「展望トレッキング」=11月3日、中津川左岸散策道▼「カモシカウォッチング」=3月18日、栄村今泉周辺

2022年06月30日

第8回苗場山麓ジオパークフォトコンテスト

 第8回苗場山麓ジオパークフォトコンテスト(苗場山麓ジオパーク振興協議会主催)では作品を募集している。
 ジオサイトの景観やそれを楽しむ人の姿、ジオサイトと共に暮らす人の営みや伝統文化・行事・祭り、ジオサイトに生きる動植物などの写真を募集。部門は春、夏、秋、冬、暮らし・生活、祭り・伝統、動・植物、学生(高校生以下)の8つにわかれており、いずれかを選んで応募すること。
 締め切りは12月27日。応募規定など詳しくは苗場山麓ジオパーク事務局ジオフォトコンテスト係(電話025—765—1600)まで。

2021年09月29日

オンライン移住相談窓口 十日町市

 十日町市は市への移住を検討している人に向けた「オンライン移住相談窓口」を開設し、ホームページや県のU・Iターンサイト、移住関連ポータルサイトなどで移住希望者に向けた周知を行っている。
 新型コロナ感染拡大の影響により、首都圏で開催予定だった移住相談イベントが中止・延期されたことから、移住相談の機会を確保するため行うもので、市移住支援員がビデオ会議システム「Zoom」で個別対応する。
 相談時間は一人45分程度で、移住支援制度の説明や仕事・住居・子育て環境などの情報提供、移住に際し不安な点の相談などの対応を行う。
 申し込みは事前予約制で、市ホームページの専用フォームから。「十日町市 オンライン移住相談」で検索を。

2021年05月06日

おせっかいミーティング「雑談会議」

 NPO法人市民活動ネットワークひとサポでは5月から、おせっかいミーティング「雑談会議」〜もっととおかまちを楽しもう〜を毎月第2土曜日と第4月曜日に開催する。
 「十日町を今以上に楽しみたい」「仲間を増やしたい」「いろんな人とつながりたい」「あんなことやこんなことをやってみたい」など自由なテーマで雑談会議し、実現を目指す。
 時間は午後2時から、同4時から、同7時からの1日3回で、各回1時間半、好きな時間に参加できる。会場は分じろうまたは十じろうだが、新型コロナの感染状況によってはリモート(ZOOM)で行う。
 参加希望者は前日までにひとサポ事務局に連絡し、名前と参加する時間帯を伝えること。参加人数に余裕がある場合は飛び入り可。
 第1回目は5月8日(土)に行われる。申込み・問い合わせは分じろうの同事務局(電話025―761—7444、火曜日定休)まで。

十日町市・津南町の新型コロナ関連情報サイト

◆十日町市・津南町の新型コロナウイルス感染症関連情報
・十日町市→http://www.city.tokamachi.lg.jp
・津南町→https://www.town.tsunan.niigata.jp
・妻有地域メディカル&ケアネットワーク→https://care.tokamachi.life/

2020年05月28日

十日町民主商工会が新型コロナ経営相談窓口

 十日町民主商工会(妻有町東1丁目)では新型コロナウイルスの問題で、中小企業向けに助成金、融資などの相談窓口を設置した。
 雇用調整助成金や持続化給付金の制度の説明や申請手続きのサポートも行う。一人ひとりにあった対策、手続きの相談に応じているとして、1度連絡してほしいとしている。
 問い合わせは十日町民商(電話025―757―2509)へ。

十日町新聞
十日町新聞デジタル版 定期購読

電子版プレイバック十日町

広告掲載のお申し込み
新聞に取り上げて欲しい情報をお寄せ下さい。
>>こちらまで。
ATOM

RSS