2020年 08月14日 (金曜日)

カテゴリー

広域圏イベント情報



新型コロナウイルス感染症予防対策応援補助金

 特定非営利活動法人・市民活動ネットワークひとサポでは、新型コロナウイルス感染症の予防対策に関する経費を補助する「新型コロナウイルス感染症予防対策応援補助金」の第2弾募集を行っている。
 内容は6月に募集した第1弾と同じで、窓口への仕切り等の設置、列間隔の確保対策、マスクや消毒液の購入、感染防止対策のポスター・のぼり旗等の設置など活動場所やイベント開催時に使うものの費用を補助する。補助金額は1団体上限3万円(かかった経費の100%補助)。
 対象は、市内に活動拠点がある市民活動団体で、ひとサポの団体会員になっている、もしくは構成員にひとサポ会員がいること。新規加入団体も受給可。補助金の受給は1団体1回限り。募集は8日から始まっており、予算額(30万円を予定)に達するまで、先着順。
 申込み・問い合わせは、ひとサポ(分じろう、電話025―761—7444)の伊藤さんまで。火曜定休。

信濃川・大河津分水写真コンテスト

 国土交通省信濃川河川事務所では「信濃川・大河津分水写真コンテスト」の作品を募集している。
 作品は河川の水面が写っていることが条件で、部門は①信濃川下流②信濃川中流及び魚野川③大河津分水④ジュニアの4つ。応募対象は一般(アマチュアに限る)、応募締切りは10月9日必着、応募先は国土交通省信濃川河川事務所総務課(郵便番号940—0098、長岡市信濃1—5—30)または県内のフジカラー取扱店。
 問い合わせは同事務所総務課(電話0258—32—3020)まで。

2020年07月02日

中魚沼漁協の釣り堀がオープン

 中魚沼漁業協同組合の釣り堀が、7月5日(日)からオープンする。
 清津大橋下流にあり、営業時間は午前9時から午後3時半まで、毎日営業。釣った魚をその場で、1串100円で食べることもできる。
 料金は貸し釣り竿300円、魚1匹250円、エサ無料。営業は10月10日までの予定で、詳細は同組合(電話025—763—3012)へ。

なじょもん企画展「森の聲—Papua×Jomon×Art—」

 津南町農と縄文の体験実習館なじょもんでは、夏季企画展「森の聲—Papua×Jomon×Art—」を7月11日(土)から8月16日(日)まで開催する。
 縄文文化からインスピレーションを得たアート作品、パプアニューギニアの民族資料、縄文土器を展示する。入場無料、月曜休館。

2020年06月10日

持続化給付金申請サポート会場開設

 新型コロナウイルス感染症に伴い、国の支援策である「持続化給付金」の申請サポート会場が6月5日からエコマールに開設された。
 持続化給付金は電子申請を原則としているが、困難な人には申請支援を行う。サポート会場は完全予約制で、(1)WEB予約(持続化給付金HPから予約)(2)電話予約(自動音声で24時間対応・電話0120―835―130)(3)電話予約(オペレーター対応・電話午前9時から午後6時・電話0570―077―866)。電話予約は会場番号が必要で、十日町会場は「1514」。
 詳細は持続化給付金コールセンター(電話0120―115―570)へ。

2020年05月28日

十日町民主商工会が新型コロナ経営相談窓口

 十日町民主商工会(妻有町東1丁目)では新型コロナウイルスの問題で、中小企業向けに助成金、融資などの相談窓口を設置した。
 雇用調整助成金や持続化給付金の制度の説明や申請手続きのサポートも行う。一人ひとりにあった対策、手続きの相談に応じているとして、1度連絡してほしいとしている。
 問い合わせは十日町民商(電話025―757―2509)へ。

2020年05月20日

新型コロナウイルス感染症対策応援基金

 新潟県では、にいがた結(むすぶ)プロジェクト・新型コロナウイルス感染症対策応援基金(仮称)の募金口座を開設し、募金を呼びかけている。受付口座は、次の通り。
 第四銀行県庁支店 普通口座 5012478
 北越銀行新潟県庁支店 普通口座 3000426
 大光銀行新潟支店 普通口座 3543852
 受取人口座名義はいずれも新潟県新型コロナ対策寄附金(ニイガタケンシンガタコロナタイサクキフキン)。

とおかまち市民活動助成金の応募団体を募集

 市民活動ネットワークひとサポでは、2020年度とおかまち市民活動助成金の応募団体を募集している。
 助成対象は、構成員の半数以上が十日町市民であり、市内に活動拠点を置く団体・グループ及びそれらで構成される実行委員会など。
 対象事業は、全部または一部が市内で実施されるもの、不特定多数の市民や来訪者等を対象としたもの、政治活動や宗教活動を主たる目的としておらず公序良俗に反していないもので、事業に係る講師等への謝礼金・旅費、印刷費、会場費などの経費を助成する。
 助成額は最高5万円。公募期間は前期が9月30日まで、後期は10月1日から来年3月1日まで。
 問い合わせ・申込みは同団体(電話025―761―7444)まで。

2020年04月01日

商議所がデリバリーやテイクアウトのお店紹介サイト

 十日町商工会議所は3月25日、新型コロナウイルスの影響に対する支援事業として「コロナウイルスに負けるな‼頑張るお店紹介します」サイトを開設した。
 同ウイルスの感染拡大に伴い、外出を控える傾向になったことへの対応・代替として、デリバリーやテイクアウト、出張販売・出張サービス等への需要が高まってきている。
 こうしたことを受けて同会議所では、飲食店をはじめとする小売・サービス業等の会員事業所で、デリバリーやテイクアウトを行っている事業所を同会議所ホームページで紹介し、利用を呼びかけることにした。
 同サイトには、各事業所のデリバリーやテイクアウトのサービス内容、店舗の住所、連絡先、営業時間・休日、ホームページなどを紹介している。
 同サイトのアドレスは、http://www.tokamachi-cci.or.jp/ganbaru_omise.htm

2020年03月04日

新型コロナ・少雪経営相談窓口

 十日町商工会議所・中小企業相談所では「新型コロナウイルスに関する経営相談窓口」と「少雪に係る経営相談窓口」を設置している。
 特別融資は両方とも運転資金3千万円を限度額・保証協会付として融資する。詳細は同会議所(電話025―757―5111)へ。
 助成金は新型コロナウイルスと少雪の影響で、事業活動の縮小を余儀なくされた事業主が労働者に対して一時的に休業等を行い、労働者の雇用の維持を図った場合に雇用調整助成金とするもの。詳細はハローワーク十日町(電話025―757―2407)へ。

十日町新聞
十日町新聞デジタル版 定期購読

電子版プレイバック十日町

広告掲載のお申し込み
新聞に取り上げて欲しい情報をお寄せ下さい。
>>こちらまで。
ATOM

RSS