2017年 08月19日 (土曜日)

カテゴリー

« 地震に備え防災意識の継続を 中越大震災記録集発行記念講演会開催 | メイン | 帰ってきた伝説のイベント 12年ぶりに手作りソリ大会 »

寄付による投票条例でまちづくりを! 市が講演会

080229_01.jpg

 補助金に頼らない地域活性化策を考える講演会「寄付による投票条例でまちづくりを!」(十日町市主催)が25日、千手中央コミュニティセンターで開催された。講師は寄付市場協会会長で、東京電機大学で非常勤講師を務める渡辺清氏。十日町市では4月から施行される「ふるさと納税制度」に合わせて、様々な検討を重ねているが、寄付による投票条例もその一つ。これは寄付を財源にしたまちづくりで、自治体が複数の政策メニューを提示して、寄付者がその中から政策を選んで寄付する仕組み。選挙に例えて「寄付による投票」と呼ばれている。現在、全国で32の自治体が導入し、その総額は2億円を超えるまでになっている。
(写真:「寄付による投票条例」を説明する渡辺氏)
《本紙2月29日号1面記事より抜粋》

十日町新聞2月29日号は・・・・・
▼オペラ「黒船」に十日町のきもの着用 日本楽劇協会・山田理事長との縁で
▼灯油代5000円助成 市への申請まだ75%、3月末で終了 
▼スポーツを通したまちづくりを語る 浦和レッズの藤口代表が成功体験を
▼認知症、うつ病を防ぐには 川西岩瀬で介護予防講演会
▼市内の3選手が第4回スペシャルオリンピックス大会の県代表に
▼県書初め大会で県知事賞 川西中の星名萌さんが最高賞に輝く
▼【ズームアップ】技能五輪全国大会に挑む井口忠幸さん(天池) など

十日町新聞
十日町新聞デジタル版 定期購読

電子版プレイバック十日町

広告掲載のお申し込み
新聞に取り上げて欲しい情報をお寄せ下さい。
>>こちらまで。
ATOM

RSS