2024年 03月01日 (金曜日)

カテゴリー

« 一般会計は7%減の342億2千万円 十日町市令和5年度当初予算案 | メイン | 津南町議会が総合診療医等育成制度を否決 注目の町医師確保策に賛成4人、反対9人 »

キョロロ開館20周年春季企画展「舘野鴻絵本原画展」

 松之山の森の学校キョロロでは3月18日(土)から7月9日(日)まで、開館20周年春季企画展「舘野鴻絵本原画展 うまれて しんで、めぐる命のものがたり」を開催する。
 舘野は1968年横浜市生まれ。徹底的な自然観察に根差し、昆虫の体毛1本1本まで精密に描く絵と独自のストーリーが人気の絵本作家。
 代表作「しでむし」はキョロロ元学芸員の研究論文をもとに描かれ、「ぎふちょう」は松之山での観察を通して描かれた。
 5月7日(日)と6月3日(土)は共に午前10時から、舘野氏のトークショーと野外観察会が予定されている。
 入館料は高校生以上500円、中学生以下無料。休館日は原則、火曜日。詳細は同館(電話025—595—8311)か同館HPへ。

十日町新聞
十日町新聞デジタル版 定期購読

電子版プレイバック十日町

広告掲載のお申し込み
新聞に取り上げて欲しい情報をお寄せ下さい。
>>こちらまで。
ATOM

RSS