2024年 03月01日 (金曜日)

カテゴリー

« 〈きものフェスタ2023〉コロナ禍前と同規模で盛大に ユーザー審査、一般公開が復活 | メイン | 地域住民の安全安心のために労災ゼロ誓う 4年ぶり建設産業安全大会、節目の40回に1200人参集 »

松山賢展 火がつくる文様絵画と土器彫刻—縄文文化との接点—

 「松山賢展 火がつくる文様絵画と土器彫刻—縄文文化との接点—」が4月29日(土)から8月20日(日)まで、津南町農と縄文の体験実習館なじょもんで開かれる。
 松山氏の縄文文化からインスピレーションを得た縄文アート、絵画、野焼彫刻などの作品を展示する。7月29日午後1時半からはギャラリートークも予定している。
 時間は午前9時から午後5時、月曜休館(祝日の場合は翌日休館、7月19日からは無休)、入場無料。問い合わせは同館(電話025—765—5511)まで。

十日町新聞
十日町新聞デジタル版 定期購読

電子版プレイバック十日町

広告掲載のお申し込み
新聞に取り上げて欲しい情報をお寄せ下さい。
>>こちらまで。
ATOM

RSS