2018年 02月25日 (日曜日)

カテゴリー

2018年01月25日

「世界に誇れる計画を」と浅枝委員長 宮中ダムFU委、市の発電計画に懸念続出

180125_01.jpg

 JR東日本信濃川発電所の宮中取水ダム魚道構造改善検討フォローアップ(FU)委員会が16日に開かれ、台風による魚道被災状況や復旧作業、魚道メンテナンスなどが報告審議された。同席で市から同ダム維持流量を活用した小水力発電構想案が説明され、複数委員から懸念が示されたほか、委員長の浅枝隆埼玉大大学院教授は同魚道の取組みが世界的に高く評価されていると示した上で、原案に対し河川生態の連続性遮断の懸念を示し、「世界に誇れるものを知恵を出し合い、さすが日本というものを作って頂きたい」と呼びかけた。
(写真:市が配布した維持流量発電イメージ図)
《本紙1月25日号1面記事より抜粋》

十日町新聞1月25日号は・・・・
▼十日町シネパラが3月閉館へ 岡元館長「体力の限界」、10年目の節目に苦渋の決断
▼16億円で全市統一の防災行政無線 有利債期限の平成32年度完成めざす
▼統一ロゴデザインなど決定 きものGOTTAKU実行委員会
▼室本常務が北越・第四合併について説明 北越銀行北親会の新年会で
▼「自代で廃業」42%に危機感 川西町商工会賀詞交換会で北村会長
▼村山太一シェフ凱旋記念ディナー ホテルベルナティオが企画開催
▼「レシピ十日町母の味」を復刻出版 田村シゲさんが食文化伝承願い
▼本選出場者12人決まる 十日町きもの女王コンテスト2018
▼幼児から高齢者まで70人が参加 盛大に第22回市民書初大会
▼<県中学校スキー>濱野希実(吉田)が三冠、男子フリーは福原健太(松之山)制す
▼<県高校スキー>小林萌子三冠、中島榛二冠 リレー女子は十高が6連覇達成
▼新潟アルビレックスBB U15入り 佐藤永紀(十中)岡村翼(中条中)選手が など

2018年01月18日

注目の「児童遊園」基本設計示す 屋内施設は平成31年秋開設をめざす

180118_01.jpg

 市内学校町1丁目に建設すべく検討が進められている注目施設、「児童遊園施設」の基本設計中間報告が10日、市議会厚生常任委員会に示された。青少年ホーム跡地に平成31年秋のオープンを目指し建設される鉄骨造り2階建ての「屋内児童遊園施設」、31年度に旧市民会館や旧市民体育館を解体した後に平成32年度の開設を目指す「屋外児童遊園広場」の2段階で整備される。今年度中に実施設計まで進められ、平成30年度に屋内施設建設の工事に着手する計画だ。
(写真:屋内児童遊園施設の完成イメージ)
《本紙1月18日号1面記事より抜粋》

十日町新聞1月18日号は・・・・
▼院外薬局、高齢者ケアハウス開設へ 津南病院、経営改善答申うけ上村町長が方針
▼<年末年始の入込み>豊富な雪でスキー場が好調 市内は7.3%増の3万5千人
▼長谷川吉徳理事長が所信を表明 十日町青年会議所が新年交歓会
▼十日町道路ルート帯正式決定 「現地調査進め早期事業化」と県
▼水沢地区が農産物アピールロゴ作成 キャラクター桃太郎旗の製作も検討
▼中手の黒滝を題材に 日本郵便(株)がオリジナルフレーム切手販売
▼村越裕太郎が優勝、世界へ 全日本障害者クロカンスキー大会
▼夢の実現に向けて一歩 津南中等教育学校で合格発表、志願倍率は過去最低に
▼奇祭「むこ投げ」に3夫婦が参加 松之山温泉で「すみ塗り」も賑わう〔AR動画あり〕
▼各地で小正月の伝統行事 大白倉「バイトウ」、上町地区「さいの神」
▼川柳研究社の宮昭一さんが句集 「ふるさとは雪もよい」を出版 など

★ 今週のAR動画 ★ 十日町新聞1月18日号

▼奇祭「むこ投げ」に3夫婦が参加 松之山温泉で「すみ塗り」も賑わう
 →https://aro.coco-ar.com/upload/U140228010/Aro/O180117489/0/20180117100030_7366a.mp4

▼カラフルなチンコロに人気 十日町の冬の風物詩「節季市」始まる
 →https://aro.coco-ar.com/upload/U140228010/Aro/O180117491/0/20180117100303_7366b.mp4

アドレスをクリックすると、むこ投げ・すみ塗り、節季市の様子を動画で観ることができます。
スマホ・タブレット端末用ARアプリ「COCOAR2」を使って紙面の写真からも視聴できます。

2018年01月11日

町立津南病院の改革10項目を答申 病院運営審議会が「赤字50%削減目標」を

180111_01.jpg

 2年連続5億円を超える赤字が続いている津南町立津南病院の今後のあり方や抜本的解決策を、2月に上村憲司町長から諮問を受け12回に及ぶ協議を重ねてきた「町立病院運営審議会」(風巻光明会長、委員7人)による答申書が先月25日、上村町長に提出された。同答申書では具体的な10項目の改革提案を行い、その上で「立地上、どのように縮小や転換を図っても黒字になることが極めて難しい」と指摘し、現赤字幅を半分程に圧縮し、町単独の赤字補填額を1億5千万円程(国交付金含むと2億5〜6千万円)に抑制が当面目標と示した。答申書を受け取った上村町長は、喫緊の課題として新年度に改革提言の具現化を進めると同時に、さらなる改革検討も続ける意向を示していた。
(写真:上村町長に答申を渡す風巻会長と石田副会長)
《本紙1月11日号1面記事より抜粋》

十日町新聞1月11日号は・・・・
▼中条第二病院は厚生連と協議を進める 米山知事が新春記者会見
▼自信を持って大胆にチャレンジを! 関口市長が芸術祭を例に訓示
▼今年は成果を町民に示す年 上村津南町長が仕事始めに訓示
▼農泊食文化海外発信地域に認定 関口市長が定例会見で発表
▼十日町市と県の基本計画を国同意 地域未来投資8分野に各種支援策
▼「きもの月間」を設け産地を発信 十日町織物賀詞交換会、きものGOTTAKUに期待感
▼きもの姿でGOTTAKUをPR 5月の初開催に向け十日町地域振興局
▼ムラオとトリムコーポレーションが商品賞を受賞 モンドセレクションアジア版で
▼県内初の協会加盟ジムきょう開設 ボクシング・天翔ジム、十日町から世界王者を
▼全国から563人が走り初め 新雪マラソン大会/過去最高の230人が参加 川西元旦卓球大会
▼気合いで心身を鍛え健闘誓う 空手道西空館が寒稽古 など

<<前のページ  1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8  次のページ>>
十日町新聞
十日町新聞デジタル版 定期購読

電子版プレイバック十日町

広告掲載のお申し込み
新聞に取り上げて欲しい情報をお寄せ下さい。
>>こちらまで。
ATOM

RSS