2023年 01月29日 (日曜日)

カテゴリー

◆求人◆ 新聞配達員を募集しています

 十日町新聞社では新聞配達員を募集しています。夕方の1時間ほど健康づくりやお小遣い稼ぎなどを兼ねて新聞を配達してみませんか?

●配達日
毎週水曜日(週1回)夕方〜

●配達区域
高田町4~6、高山の一部
城之古、明石町

●募集人数 1~2人

お問い合わせは弊社までお気軽にご連絡ください。

■十日町新聞社
十日町市北新田第3
電話 025-752-3118

2023年01月12日

〈上沼道・十日町道路〉詳細なルート図や完成イメージを提示 国市が今月から沿線地域で住民説明会

230112_01.jpg 230112_02.jpg

 十日町市は先月22日、上越魚沼地域振興快速道路「十日町道路」建設計画の進捗状況を十日町市議会全員協議会で説明し、事業概要や今後の流れを示した。道路を建設する国土交通省の長岡国道事務所と市では先月中旬に沿線にあたる吉田、水沢、六箇、八箇地区の各振興会長や町内区長らに説明を行っており、今月からさらに各地区住民や十日町商工会議所への説明会を実施し意見や要望を集め、5月頃に意見等を踏まえた修正設計を提示、6月から用地測量や調査を開始したいとしている。
(写真:十日町道路の完成イメージと十日町ICの平面図)
《本紙1月12日号1面記事より抜粋》

十日町新聞1月12日号は・・・・
▼「山の妖精」故郷に凱旋 箱根駅伝山のぼり山本唯翔選手が区間新報告
▼〈全国高校駅伝〉十高、男女で都大路を駆ける 30年ぶりアベック出場で奮闘
▼花角知事が新春記者会見 松代病院、大地の芸術祭について答弁
▼諸先輩方の努力を成果に 関口十日町市長が仕事始めの訓示
▼良い面に目を向ける習慣を 桑原津南町長が年頭訓示で呼びかけ
▼ドラム叩きでギネス記録 市内出身の服部圭太君が達成
▼様々な技法、水面の奥深さに惹かれ 川治公民館で齋木文夫、重野広、丸山京子三人展
▼初打ち交換会で汗を流す 3年ぶりに川西で元旦卓球
▽新春文芸展(俳句・川柳ジュニアの部)、地元政治家年頭所感 など

2022年12月22日

魚沼初、間伐材など利用し発電 十日町バイオマス発電所が工事地鎮祭

221222_01.jpg 221222_02.jpg

 魚沼地域では初となる間伐材等の未利用材を燃料とするバイオマス発電所「十日町バイオマス発電所」の工事地鎮祭が12日、市内四日町の建設予定地で執り行われた。再生可能エネルギーの開発・運用などを手がけるシフトエナジージャパン㈱(本社・福岡市)が約30億円を投じて建設するもので、発電出力は約2千㌔㍗、一般家庭約4千世帯分の電力を発電、2024年1月の商業運転開始を目指す。燃料となる木材は十日町地域森林組合が中心となり供給する計画で、新たな地産地消の再生可能エネルギーの創出、森林整備の推進に期待が高まっている。
(写真:地鎮祭で鍬入れを行うシフトエナジージャパンのクレパル氏と建設予定地)
《本紙12月22日号1面記事より抜粋》

十日町新聞12月22日号は・・・・
▼MonETは日本を代表する美術館になる 関口市長が明石の湯閉館・改修に理解求める
▼高鳥代議士が国会報告会開催 防衛予算の増税への意見など語る
▼〈全中駅伝〉またここに戻って来たい 南中が男女で20位台に健闘
▼感染者数は横ばい 新型コロナ、鈴木市議会議長も感染
▼町内入り込みは5割強減の2.3万人 大地の芸術祭2022、桑原町長が記者会見で総括
▼外丸小校舎の利用協定締結、IT相談など可能な交流拠点へ 津南町と(株)リングローが
▼2集落が協力し地域活性化 川手地域づくり協議会が設立
▼最後の小学生大会で躍動を誓う 妻有NEXUSジュニア、軟式野球の全国6年生選抜出場へ
▼大きな大会に出場できる選手に 中学校2市3郡バスケ大会、実戦不足解消狙い28回目の開催
▼苗場山麓ジオパークが2回目の再認定 日本ジオパークネットワーク
▼令和4年新嘗祭への献米で伝達書 津南町の滝沢英喜氏に贈る
▼松乃井と津南醸造が優秀賞に 関東信越国税局酒類鑑評会純米酒の部で
▼もっと野球の魅力伝えたい 越後妻有BBPが「学童と高校球児の野球あそび」
▽大地の芸術祭初の長期開催に57万人、宮沢・児玉北京五輪出場、コロナ感染収束見えず―特集・この一年を振り返る― など


令和5年1月1日号は大幅増ページの新年特集号!

230101_01.jpg
(令和5年1月1日号表紙)

主な記事は・・・
▽ずっと地域に応援されるチームでいたい FC越後妻有新春座談会
▽<新春インタビュー>イラストレーター、アーティストとして活躍 田沢本村出身のEimiさん
▽「肝焼けた!芸術祭のリストバンドでUターン」「なーしたね!明石の湯が無くならんかい」しゃべっちょ軍団の新春放談
▽図画、書、俳句、短歌、詩、川柳―新春文芸作品展―
▽地元政治家・文章家の年頭所感・新春随想
▼都大路、十高女子35位、男子は全国の壁厚く最下位
▼最優秀プランは「雪国クワガタ」 十日町市ビジネスプラン審査会、市支援目指し起業家5人がプレゼン
▼今年12月に米食味分析鑑定コンクール国際大会を開催 津南町で準備着々
▼居場所の大切さ伝えたい フォルトネットに県知事表彰
▼地元の自然を電子書籍に 佐藤明彦さんが松代・松之山の1年を撮影 など

☆★☆バックナンバーは十日町新聞社、新聞オンライン.COMで販売しています☆★☆

2022年12月15日

明石の湯を来年3月末で閉館、第9回大地の芸術祭に向け美術館に改修 十日町市が方針示す

221215_01.jpg 221215_03.jpg

 十日町市は8日に開かれた市議会産業建設常任委員会で、越後妻有交流館キナーレ温泉棟の改修事業を発表、同棟で営業している「明石の湯」を来年3月末で閉館し、令和6年に予定される第9回大地の芸術祭に合わせて美術館としてリニューアルする方針を示した。現在、キナーレには里山現代美術館MonETと明石の湯が混在している形だが、第9回展に向け施設全体を美術館としてリニューアルし、芸術祭の拠点施設として魅力と集客力を強化する考えだ。説明を受けた議員からは改修に期待感を示す意見が出た一方で、十日町地域(旧十日町市)唯一の公共温泉を閉館する突然の方針発表に戸惑いや疑問の声も多くあがった。
(写真:「来年3月末閉館」の方針が示された明石の湯と改修後の施設全体イメージ)
《本紙12月15日号1面記事より抜粋》

十日町新聞12月15日号は・・・・
▼〈市議会一般質問〉次回の大地の芸術祭も長期開催で 関口市長が改めて強い意向示す
▼100年の伝統を子から孫へ 十日町市野球連盟が100周年記念式典挙行
▼斎藤佑樹さんが球児にエール 野球連盟100周年記念事業として「野球未づくり」講演会
▼(株)千手のいちごに農林水産大臣賞 県施設園芸立毛品評会、越後姫が6年ぶり2回目の受賞
▼21年で入館者400万人を達成 千年の湯、帰省中の齋木孝郎さんに記念品贈呈
▼定数2人減の改正案を賛成多数で可決 津南町議会、来秋の町議選から12人に
▼交通死亡事故ゼロ4000日達成 松之山地域で記念大会
▼郡市交通安全対策協が出発式 飲酒運転の防止で根絶運動を実施
▼技術伝授で除雪オペレーター育成を 県担い手確保協議会が若手社員対象に十日町圏域で初訓練
▼骨粗しょう症予防は継続が大事 村岡治医師が講演、来年冬に西部地区で開業へ
▼1日あたり感染70人超え 新型コロナ、管内で週500人以上
▼十日町総合高生がとおか市で販売実習 出前講座「ひとサポゼミ」の一環で
▼中2日本記録の小海楽空が受賞 市陸協ジュニア最優秀選手、女子は走高跳びの保坂七奈美に
▽全中駅伝、都大路へ意気込み 南中2年連続、30年ぶりアベックの十高 など

<<前のページ  1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8  次のページ>>
十日町新聞
十日町新聞デジタル版 定期購読

電子版プレイバック十日町

広告掲載のお申し込み
新聞に取り上げて欲しい情報をお寄せ下さい。
>>こちらまで。
ATOM

RSS