2020年 03月30日 (月曜日)

カテゴリー

2020年01月16日

スローガンは「明日に奮起」 十日町青年会議所新年総会、福島照彦理事長が抱負

200116_01.jpg

 公益社団法人十日町青年会議所(福嶋照彦理事長)では11日、ラポート十日町で新年総会を開催、新年度のスローガンを「明日に奮起」とし、基本理念を「自身を奮い立たせ、個の幸せ・世の幸せのため一歩を踏み出そう」と決め、新たな事業計画・収支予算を承認・決定した。総会後には関口市長、小山県議、西方会議所会頭ら来賓、卒業したシニアクラブ会員、財政支援を行う企業の賛助会員が出席して年賀交歓会が行われた。
(写真:新年度の抱負を述べる福嶋理事長)
《本紙1月16日号1面記事より抜粋》

十日町新聞1月16日号は・・・・
▼記録的な少雪でスキー客激減 年末年始の入込み、長連休で温泉、景観は好調
▼雪でも伸び伸び遊べる園舎を 水沢地区にこども園「あおのもり」が竣工
▼学校へのアクセス道を安全安心に 下条地区、市道野田栄町線改良工事など竣工
▼次期市長選出馬に含み 関口市長「辞める時は早めに表明」
▼藤ノ木浩子氏が県議選に再挑戦を表明 十日町民主商工会が車でデモ
▼「川西しぐれ」を起爆剤に 川西商工会が賀詞交歓会
▼給食で文部科学大臣表彰 松代小学校、学校教育と一体化した食育評価
▼神邑会男子が優勝、女子準優勝 新年全国詩吟大会合吟で快挙
▼昨年の準優勝上回る優勝を! FCアルティスタがフットサル県大会へ
▼金子璃玖人君の作品がルーヴル美術館に 住友生命こども絵画コンクールで銀賞
▼名物チンコロは2時間で完売 十日町の名前の由来、節季市開く
▼きもの姿溢れ、華やかな茶会に 宗徧流洗心会が初釜を開催 など

2020年01月09日

県民の生命と財産を守るのが第一 新春記者会見で花角知事が所感発表

200109_01.jpg

 本紙などが加盟する新県政記者クラブと花角県知事との新春記者会見が6日、県庁内の記者会見室で行われた。花角知事は年頭の所感として、防災対策、成長戦略、医療環境の向上、行財政行動計画の実現などを述べた。本紙からの「高性能カーボン電池の原料となる炭素製造を十日町市・新潟県から」の質問に対しては2回にわたる県工業技術総合研究所の専門職員の報告を受けたが、提案については納得が出来るが、技術的な内容が理解できない部分があるとの事で、更なる研究を続けたいとした。
(写真:記者会見で新年所感を述べる花角知事)
《本紙1月9日号1面記事より抜粋》

十日町新聞1月9日号は・・・・
▼視線を高く守備範囲を広げ 関口市長が仕事始めで職員に訓示
▼四方よしを追及して 仕事始め、桑原町長が訓示
▼松代病院存続に向け要望書提出 十日町市などが花角知事らに
▼歴史に思い馳せ、未来切り拓く 十日町織組賀詞交換会、新たな観点で産地の魅力発信を
▼女性の事業活動支援が最優秀賞に 10周年のトオコン2019で
▼松之山温泉で発電事業開始 合同会社と十日町市が事業契約
▼今年の年賀状は57万通 十日町郵便局が元旦出発式
▼勇馬トヨタV奪回ならず ニューイヤー駅伝、服部兄弟が元旦に揃い踏み
▼団員の率先垂範が求められている 240人が参加して市消防出初式
▼清津峡で管理会社従業員が水死/ひき逃げ容疑で津南町の男性逮捕
▽地元政治家・経済人・文化人の年頭所感
▽新春文芸展―俳句・川柳・詩ー など

2019年12月19日

松代病院存続、精神医療機関整備を要望 市議会一般質問

170316_01.jpg

 十日町市議会12月定例会は9日から3日間にわたって一般質問が行われ、村山達也、星名大輔、根津年夫、安保寿隆、鈴木和雄、滝沢繁、藤巻誠、樋口利明、小野嶋哲雄、高橋俊一、太田祐子の11氏が市政全般について関口市長らの見解を質した。この中で懸案となっている医療問題に質問が集中し、松代病院の存続、国保川西診療所の医師確保、精神医療病床の整備について、存続を図っていくことを改めて強調した。
《本紙12月19日号1面記事より抜粋》

十日町新聞12月19日号は・・・・
▼「段十ろう」指定管理移行へ 市議会定例会、突然の報告に困惑の議員も
▼町教委の再任に不同意 津南町議会、保育園統合問題が影響か
▼営業再開に向け地域と協議 町議会一般質問、休業の竜ヶ窪温泉にいて桑原町長
▼中止して見えてきたものがある 生誕地まつり反省会、節目の45回に向けあり方検討委設置
▼障害者支援活動で文科大臣表彰 ふれあいの丘ほほえみの会
▼新潟県環境大賞など受賞 あてま森と水辺の教室ポポラが
▼高長醸造場「こいくちしょうゆ」が優秀賞に 第47回全国醤油品評会で入賞
▼クリアウォーター津南が津南町に100万円寄付 保育園送迎バス購入に
▼市が軽自動車税の徴収でミス 登録区分誤り過大・過少に徴収
▼支援学校に簡易ベッドを寄贈 十日町建築組合青年部、恒例の木工教室も開催
▼<全国中学駅伝>南が初出場で郡市初の8位入賞 男子は津南が13位と健闘〔AR動画あり〕
▽服部勇馬、東京五輪日本代表の座つかむ 白川勝彦元自治大臣死去―特集・この一年を振り返る―
▽<本紙文芸欄年間賞>村山崇さんが俳句、川柳で二冠 短歌は小島文さんが初の年間賞 など


令和2年1月1日号は大幅増ページの新年特集号!
主な記事は・・・
▽勇馬、クロアチア、土器に振袖?話題満載で7月開幕 東京オリンピック・パラリンピック特集
▽<新春インタビュー>イラストレーター F*Kaoriさん
▽「服部・クロアチア参加で東京オリ・パラが沸く」しゃべっちょ軍団の新春放談
▼8位入賞の誇りを新たな伝統として 南中学校で全国中学校駅伝大会報告会
▼明石の湯が入場200万人達成 市内西浦の滝沢ミヨ子さんが当選
▼〈津南醸造〉新経営体制で建て直しへ 鈴木健吾氏が投資、大株主に
▼兄と一緒に五輪出たい オリンピック聖火リレー、ランナーに服部風馬さんら
▽図画、書、川柳、俳句、詩―新春文芸作品展―
▽地元政治家・経済人の年頭所感 など

☆★☆バックナンバーは十日町新聞社、新聞オンライン.COMで販売しています☆★☆

2019年12月15日

【速報】南中女子が8位入賞 全国中学校駅伝大会

191215_01.jpg

 第27回全国中学校駅伝大会がきょう15日、滋賀県希望ヶ丘文化公園で開催され、地元から出場した南中学校女子チームが42分48秒で郡市勢過去最高の8位入賞を果たした。また、男子に出場した津南中学校は58分48秒で一昨年の22位を上回る13位だった。
 同大会には、地元から男子の部に津南中学校が2年ぶり6回目、女子の部に南中学校が初めて新潟県代表として出場した。
(写真:最終5区のトラックで8位に順位を上げた南中の遠田鈴選手・右)

<<前のページ  1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8  次のページ>>
十日町新聞
十日町新聞デジタル版 定期購読

電子版プレイバック十日町

広告掲載のお申し込み
新聞に取り上げて欲しい情報をお寄せ下さい。
>>こちらまで。
ATOM

RSS