2019年 08月25日 (日曜日)

カテゴリー

2019年05月02日

皇太子殿下が御即位され天皇陛下に 令和元年スタート

190502_01.jpg

 5月1日に元号が平成から令和に替わり、皇太子殿下が皇位を継承されて、天皇陛下となられ、雅子様は皇后となられた。前日の4月30日には天皇陛下が退位されることから、退位礼正殿の儀が宮中で行われた。これにより天皇陛下は上皇となられ、美智子妃殿下は上皇后となられた。
(写真:御即位された天皇陛下 photo by Michel Temer
《本紙5月2日号1面記事より抜粋》

十日町新聞5月2日号は・・・・
▼雪まつり特別企画委員会開催 公開されたが、半分以上が欠席
▼消えた「平和の火」について協議 原水禁協議会が理事会で
▼格差是正、賃金底上げ訴え 改元にあわせて前倒しでメーデー
▼「ガッツリ」ステーキ召し上がれ 妻有SC・らぽーとランド新装開店
▼棚田にワラビ、休耕田活かし2ヘクタール 松之山山菜農園
▼日本の長〜い歴史感じて クロステンで改元イベント
▼磯部あゆ(総合高)が高校5キロで優勝 全日本競歩輪島大会
▼学び舎の思い出は永遠に… 旧野中小学校、取り壊し前にありがとうの会
▼樹齢112年、きものブレインに〝奇跡の桜〟 満開の桜の下で恒例のお花見
▼国宝アピールでハガキセット制作 中条地区振興会
▼【ズームアップ】県十日町地域振興局長・桑原正広さん など

2019年04月25日

人命尊重の理念の下に安全作業誓う 1300人参集し第38回建設産業安全大会

190425_01.jpg

 「安全は全てに優先する」――。第38回十日町・津南地域建設産業安全大会が18日、市総合体育館で関係者約1300人が参集して盛大に挙行された。大会は昭和57年に第1回大会が挙行され、建設産業に関連する業者が一堂に会して安全作業を誓う全国的にも珍しい取り組みで、高く評価されている。大会では小堺章司大会委員長が式辞の中で、建設産業における社会的責任を強調しながら、合わせて安全作業の一層の推進を誓い、参集者は安全への思いを新たにしていた。
(写真:事業場優良賞を受賞した福島電気商会・右)
《本紙4月25日号1面記事より抜粋》

十日町新聞4月25日号は・・・・
▼<JA津南町総代会>魚沼5農協で合併研究会発足 4〜5年かけ合併を検討
▼十日町地域の特産品を応援! クロステン、初めて日配食品の販売を開始
▼市街地にきもののにおいを (株)いつ和がきものレンタルショップ開店
▼道の駅を防災拠点に 中越地震から15年、クロステンで防災フェア開催
▼新社会人スタートダッシュ 87人が商工会議所の合同研修で実務学ぶ
▼ウソ被害なく地域の桜が満開に 大井田の郷公園など花見客で賑わう
▼夢舞台でさらなる飛躍を誓う 宮沢、児玉、村越選手がクロカン世界選手権大会を報告
▼感謝の気持ちを伝えたい――。 28日、十高吹奏楽部が段十ろうで定期演奏会
▼市道彩るスイセン 市内細尾、通学・通勤見守り10年
▽報道写真で振り返る十日町・津南の平成―平成25年〜30年― など

2019年04月18日

特別賞は吉澤、青柳、関芳に 十日町きものフェスタ2019開催

190418_01.jpg 190418_02.jpg

 きもの産地十日町の最大のイベント「十日町きものフェスタ2019」(十日町織物工業協同組合主催)の各商品部門別の商品プレゼンテーションと審査会が8日から12日にかけて行われた。審査の結果、特別賞の経済産業大臣賞には吉澤織物(株)の「特選手描友禅振袖 吉祥大和絵春秋襖絵図」が選ばれた(審査結果は別掲)。商品プレゼンテーションにはメーカー17社から合計104点が出品され、審査は全国からの商社・卸・小売りの258人、一般のユーザー審査員455人により行われた。会期中の12日、クロステン会議室において記者会見が行われた。
(写真:審査会場の様子と経済産業大臣賞を受賞した吉澤織物(株)「特選手描友禅振袖 吉祥大和絵春秋襖絵図」)
《本紙4月18日号1面記事より抜粋》

十日町新聞4月18日号は・・・・
▼糖尿病学会教育施設に認定 津南病院、専門医目指す研修医受け入れへ
▼津南の課題、将来を考える 「津南未来会議」参加者募集
▼かぼちゃがつないだ縁 地元食材使用「きくやキッチン」、茅ヶ崎のカフェが松代に2号店
▼売上げは前年比113%を達成 まるせん春の大売り出し抽選会
▼芸術祭との関わり考える 水沢で地域づくり学習会
▼4小学校に児童図書30万円分寄贈 十日町法人会、6年間23校1201冊で完了
▼最新機器で救命の充実を 十日町地域消防本部が高規格救急自動車を更新
▼野球を通して社会貢献できる人材を 越後妻有ベースボールプロジェクト設立総会
▼入学式の親子に交通安全呼びかけ 啓発チラシ配布、インスタも一役
▼線路に転落した男性を救助 六日町の岡田晃さんに十日町警察署が感謝状
▽報道写真で振り返る十日町・津南の平成―平成19年〜24年― など

2019年04月11日

尾身氏トップで7期目、小山氏初陣飾る 県議選、自民系が手堅く2議席独占

190411_01.jpg 190411_02.jpg

 新潟県議会議員選挙は7日に投開票が行われ、即日開票の結果、十日町市・津南町選挙区は自民現職の尾身孝昭氏が13,234票を獲得、7期目の当選をトップで飾った。無所属新人で自民の推薦を受けた小山大志氏は10,377票を得て、初挑戦で見事に議席を獲得した。共産新人でオール野党の結集で選挙戦に臨んだ藤ノ木浩子氏は7,248票にとどまり、悲願の議席奪取はならなかった。無所属新人で中条第二病院問題など医療問題を前面に押し出した島田英里子氏は伸び悩み3,994票に終わり埋没した。投票率は県全体が49.77%で、過去最低だった前回の平成27年の選挙を0.07ポイント上回った。十日町・津南選挙区は前々回の平成23年と比較(前回の平成27年は無投票)して十日町市は1.99ポイント減の65.17%で過去最低。津南町は2.08ポイント増の70.42%で、両市町を合わせた投票率は65.98%だった。
(写真左から:当選を祝う尾身陣営と小山陣営)
《本紙4月11日号1面記事より抜粋》

十日町新聞4月11日号は・・・・
▼新成人だけ対象の抽選会を新設 第43回きものまつり実行委員会開催
▼「触れる国宝」第2弾 王冠型土器の高精細レプリカが完成
▼新十日町市浄水場が完成 貯水量8倍、災害対応強化
▼塚田一郎国交副大臣が辞任 「忖度」発言で引責
▼農村×地域づくり=健康長寿 新潟大学主催、調査、シンポで魅力を再確認
▼今を見つめ、将来を語り合う機会に (株)拓越が創立60周年記念パーティー
▼新入社員15人を迎えて きものブレインで入社式
▼「火の用心」総務大臣賞受賞 笹沢少年防火クラブが
▼工芸でグループ作品が県知事賞、全国写真展で金沢さん金賞 市障がい者福祉センター
▼軽トラックが電柱に衝突 伊達第4の20代男性が死亡
▽報道写真で振り返る十日町・津南の平成―平成13年〜18年― など

<<前のページ  1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8
十日町新聞
十日町新聞デジタル版 定期購読

電子版プレイバック十日町

広告掲載のお申し込み
新聞に取り上げて欲しい情報をお寄せ下さい。
>>こちらまで。
ATOM

RSS