2018年 04月27日 (金曜日)

カテゴリー

2018年01月11日

町立津南病院の改革10項目を答申 病院運営審議会が「赤字50%削減目標」を

180111_01.jpg

 2年連続5億円を超える赤字が続いている津南町立津南病院の今後のあり方や抜本的解決策を、2月に上村憲司町長から諮問を受け12回に及ぶ協議を重ねてきた「町立病院運営審議会」(風巻光明会長、委員7人)による答申書が先月25日、上村町長に提出された。同答申書では具体的な10項目の改革提案を行い、その上で「立地上、どのように縮小や転換を図っても黒字になることが極めて難しい」と指摘し、現赤字幅を半分程に圧縮し、町単独の赤字補填額を1億5千万円程(国交付金含むと2億5〜6千万円)に抑制が当面目標と示した。答申書を受け取った上村町長は、喫緊の課題として新年度に改革提言の具現化を進めると同時に、さらなる改革検討も続ける意向を示していた。
(写真:上村町長に答申を渡す風巻会長と石田副会長)
《本紙1月11日号1面記事より抜粋》

十日町新聞1月11日号は・・・・
▼中条第二病院は厚生連と協議を進める 米山知事が新春記者会見
▼自信を持って大胆にチャレンジを! 関口市長が芸術祭を例に訓示
▼今年は成果を町民に示す年 上村津南町長が仕事始めに訓示
▼農泊食文化海外発信地域に認定 関口市長が定例会見で発表
▼十日町市と県の基本計画を国同意 地域未来投資8分野に各種支援策
▼「きもの月間」を設け産地を発信 十日町織物賀詞交換会、きものGOTTAKUに期待感
▼きもの姿でGOTTAKUをPR 5月の初開催に向け十日町地域振興局
▼ムラオとトリムコーポレーションが商品賞を受賞 モンドセレクションアジア版で
▼県内初の協会加盟ジムきょう開設 ボクシング・天翔ジム、十日町から世界王者を
▼全国から563人が走り初め 新雪マラソン大会/過去最高の230人が参加 川西元旦卓球大会
▼気合いで心身を鍛え健闘誓う 空手道西空館が寒稽古 など

2017年12月21日

十日町道路は「Cルート帯」に 上沼快速道路・八箇―北鐙坂間

171221_01.jpg

 上越魚沼地域振興快速道路の八箇ICと北鐙坂(国道253号名ケ山トンネルと鐙坂トンネル間)を結ぶ(仮称)「十日町道路」の第2回検討委員会が15日、新潟市の県自治会館別館で開催され、3案が示されていたルート帯案を、アンケート結果も踏まえ「Cルート帯」とすることが承認された。正式決定は1月上旬に示される。ルート帯(幅300~500㍍)内のルート決定はしっかりと現地調査を行った後となる。延長約11㌔のCルート帯はトンネルが多く雪に強く、現時点の想定事業費が約550億円と3案で最も安価となる。十日町IC建設地は猪川に掛かる小黒沢集落付近となり、その先の信濃川に新十日町橋が建設されるルート帯となった。
(写真:承認された十日町道路のCルート帯)
《本紙12月21日号1面記事より抜粋》

十日町新聞12月21日号は・・・・
▼トオコン最優秀賞は野生鳥獣肉利活用 部門賞は「ホテルかまくら」と「人を旅する」
▼進退は「年明けに決める」と上村町長 津南町議会一般質問、認証米の土作りに補助を検討 
▼<全国小学生クロカンリレー>8位入賞の昨年よりも2秒早く 十日町AC健闘、あと一歩の15位
▼小杉真奈さん、鈴木綾華さんがコモへ留学 第12回交換留学生として派遣
▼通学路安全リーダーで自覚芽生え 児童と須田十日町署長が意見交換
▼防犯、いじめ防止標語をのぼり旗等に 中里自治防犯協が小中学生から募集
▼年賀状は25日までに 十日町郵便局で北越保育園児が初差出式
▼年末年始に「ぽち袋展」開催 ソフトバンク十日町店などで
▼古希迎え、母校の十中に絵を贈る 染め絵画家・村山雨景氏が十日町展で
▼上村晃一氏が逝去 上村病院の元理事長・院長
▽市民待望の八箇峠道路開通、段十ろう開館 ―特集この一年を振り返る―
▽<本紙文芸欄年間賞>俳句は金山有紘、数藤剛さん 川柳は田口荷香さんが初の受賞 など


平成30年1月1日号は大幅増ページの新年特集号!
主な記事は・・・・
▽越後妻有方丈村や地球環境時代美術も 今夏、第7回大地の芸術祭開催
▽<新春インタビュー>東京・表参道で超人気の美容師 伊達出身の渡辺圭さん
▽「段重労働、だんだんテラスは危ねこっつぉ」しゃべっちょ軍団の新春放談
▽図画、書、川柳、俳句、詩 新春文芸作品展
▽知事、国会議員、市・町長、地元文化人の新年所感
▼2目標は評価上昇も1目標ダウン 市総合戦略28年度への推進会議評価
▼十日町織組「誕生色」復活アレンジ 熊谷組が全社員の名刺ロゴ色に採用
▼林正樹さん(林屋旅館)「にいがたの名工」に 日本料理人で認定は市内初
▼桂公園こどもランドに最優秀賞 公園夢プラン大賞、公園再生の取り組みが評価され
▼津南、平坦コースに苦しみ22位 全国中学校男子駅伝
▼宮沢、小林は平昌五輪厳しく W杯で派遣基準を満たせず など

☆★☆バックナンバーは十日町新聞社、新聞オンライン.COMで販売しています☆★☆

2017年12月14日

中条第二病院の新築整備は再延伸に 補助金大幅減で、最悪は撤退も

171214_01.jpg

 新潟県厚生農業協同組合連合会(厚生連)の菊池正緒理事長は11月28日付けで、新潟県厚生連労働組合に対して「中条病院の機能見直しについて」を文書で通知した。平成28年4月から精神科の特別交付税の取り扱いが地元自治体から県に移管となり、補助金が大幅に減額された事から、2021年10月に開院予定としていた中条第二病院の新築整備は、県・地元行政等と継続協議を行う事とし、当分の間再延伸とする、というもの。補助金増額などの中条第二病院の経営改善策が進まない場合は、最悪のケースとして十日町市から撤退、小千谷病院に併合される事が予想される。
(写真:新築整備が再延伸された中条第二病院)
《本紙12月14日号1面記事より抜粋》

十日町新聞12月14日号は・・・・
▼〈市議会一般質問〉県立看護専門学校定員確保は可能 笹山遺跡で平成30年から発掘調査
▼十日町から日本一の米を目指し JA十日町が米屋五郎兵衞販売記念イベント
▼尾身県議の後援会総会・交歓会 衆院選と重なり延期して開催
▼国際コンクールで最高の金賞 米・食味分析鑑定コンクールで上村一昭さんの有機米が
▼山崎喜久一郎氏の球形スピーカーが優秀賞 大光銀行ビジネスコンテストで
▼市職平均は75万円、町職平均は62万円 公務員に冬のボーナス
▼「下条みよしの湯」が27日で閉館 利用者減で経営難、後継者模索も
▼十日町支部が最優秀支部賞受賞 全日本写真連盟支部対抗戦風景部門で
▼トップレベルの技を体験 剣道県代表が中里で稽古会〔AR動画あり〕
▼JAXA大西宇宙飛行士が講演 中学1年生を対象に市が主催して
▼桂歌助師匠が名人芸で魅了 後援会寄席で「尻餅」披露
▼田中町本通りで住宅全焼 消火作業中の消防士2人が重軽傷 など

2017年12月07日

初のオール野党と市民連合の会 米山知事を支える十日町・津南の会設立

171207_01.jpg

 米山知事を支える十日町・津南の会設立総会が先月26日、ラポート十日町で開催され、支持者200人が出席した。米山知事の自治体単位の後援会は3ヵ所目、選挙母体となったオール野党と市民連合が母体となった後援会組織は県内で初となった。同日に発表された会員数は800人。会長には本間侃氏が選任され、副会長並びに幹事は野党連合で固めた。
(写真:滝沢元市長の音頭で乾杯。関口市長、小野塚副町長も壇上に)
《本紙12月7日号1面記事より抜粋》

十日町新聞12月7日号は・・・・
▼移管先は(福)森の保育園に 市立水沢保育園の民営化先決まる
▼純損失は1.2億円 (株)北越急行が中間決算を発表
▼市の宮中維持流量発電に懸念 清津川清流フォーラム、大熊新大名誉教授が講演で
▼「妻有ビール」の製造免許交付 年末か年明け早々に初仕込みに挑戦
▼当市「越後サラダうどん」が逸品大賞 渋谷東急・LJマルシェの最大目玉商品に
▼安心安全で住み継がれる地域に 西部地区振興会、創立30周年記念式典を挙行
▼十日町市家族会に厚労大臣表彰 設立以来45年の活動を称え
▼きものショーをより華やかに 美浜会が最新帯結び講習会
▼子育てで小説がレベルアップ 文壇最強の子育てパパ・鈴木光司さんが講演
▼駒田徳広、森博幸氏招き野球教室 ウエストタイガーが創立40周年で
▼強い球児になるには整理整頓 マー君育てた遠藤友彦さんがセミナーで強調
▼初の模擬ウェディングトレイン JR飯山線・十日町駅で熱烈歓迎 など

<<前のページ  1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8  次のページ>>
十日町新聞
十日町新聞デジタル版 定期購読

電子版プレイバック十日町

広告掲載のお申し込み
新聞に取り上げて欲しい情報をお寄せ下さい。
>>こちらまで。
ATOM

RSS