2020年 07月17日 (金曜日)

カテゴリー

2020年04月23日

【新型コロナ】十日町市・津南町が休業事業者に協力金

 十日町市は23日、県による施設休業要請などに応じた事業者に対し、協力金を支給すると発表した。
 県の要請に応じて県の協力金10万円を支給された事業者には、市からさらに協力金10万円を上乗せする。また、県の協力要請対象外のホテルまたは旅館について、県の要請内容と同じ条件で自ら休業した場合、市から20万円を支給する。支給要件となる休業日は24日から5月6日まで。
 詳細は市産業政課商工振興係(電話025-757-3139)へ。

 津南町も23日に開かれた全員協議会で、休業する事業所への協力金支給の方針を明らかにした。
 県の協力金支給対象に「該当しない」事業者が休業した場合、町から1事業者10万円を支給する。飲食店は、宅配・テイクアウトのサービスを行っていても支給を受けられる。支給要件となる休業日は25日から5月10日まで。
 また、市と同様の「雇用調整助成金」申請委託費用の補助(最大10万円)を行うと共に、同助成金のを申請を自ら行う業者への補助(5万円)も行うと発表した。
 詳細は町観光地域づくり課(電話025-765-5454)へ。

〈新型コロナ〉国の緊急事態宣言の影響広がる 飲食店・宿泊施設の休業増加

200423_01.jpg

 新型コロナウイルスの感染が全国的に広がる中、安倍首相は16日、緊急事態宣言の対象地域を来月6日まで全都道府県に拡大した。また政府は全国民を対象に所得制限を設けず一律10万円を給付することを決めた。これを受け花角知事はさらに強い外出の自粛要請を行い、関口市長も17日の夜、十日町あんしんメールでメッセージを発表し、「緊急事態宣言の主旨を理解し、自身だけでなく、家族など大切な方の健康や生命を守るために最大限のご協力をお願いしたい」と呼びかけた。緊急事態宣言の対象拡大以降、当地域でも飲食店で営業時間の短縮や休業、テイクアウトに活路を見出そうとする店舗が増えているほか、宿泊施設でもベルナティオや松之山温泉など多くの施設が休業するなど影響が広がっている。
(写真:宣言拡大後最初の日曜日、人通りなく閑散とした松之山温泉街・19日)
《本紙4月23日号1面記事より抜粋追記》

十日町新聞4月23日号は・・・・
▽観光、社会体育施設などほぼ全ての施設を利用休止 十日町市が新型コロナ対策で
▽25日から再び臨時休校 十日町市、津南町の小中学校
▼使用済み紙おむつを燃料に 市と十日町福祉会が実証事業契約
▼ライオンズC村越ガバナーらが目録贈呈 関口市長に年次大会記念事業として
▼県の魅力発信の機運を 新潟※プロジェクト、フォトコンに市内名所も登場
▼コロナに負けるな!「里弁」配達 中里商工会、地元飲食店を応援
▼障がい者自立生活援助事業所「エンゼルわたげ」開所 市内初、妻有福祉会が春日町に
▼地域で頑張る「個の力」知って 十日町地域振興局がイベント集大成の書籍を発行
▼新メンバー4人迎えて心機一転 FC越後妻有、地域盛り上げる「農業サッカー女子」
▼テレビ会議、オンライン学習で乗り切る 休校中の津南中等教育学校で最新の取組み〔AR動画あり〕
▼雪下にんじんジュース「雪くれない」が大賞に anan「カラダにいいもの大賞」
▼おしゃれなマスクを製造、安価で販売 (株)ドリームクリエイト、手しごとcafe青山
▼【ズームアップ】ハローワーク十日町・今泉潤所長
▼テイクアウトのお店紹介〔おうちdeグルメ〕Casa di R、繁蔵 田麦そば
▼【桜特集】今年の桜はどこも綺麗―紙面でお花見―〔AR動画あり〕 など

★ 今週のAR動画 ★ 十日町新聞4月23日号

▼テレビ会議、オンライン学習で乗り切る 休校中の津南中等教育学校で最新の取組み
 →https://aro.coco-ar.com/upload/U140228010/Aro/O200422038140/0/20200422083124_7482b.mp4

▼【桜特集】今年の桜はどこも綺麗―紙面でお花見・高橋組桜公園―
 →https://aro.coco-ar.com/upload/U140228010/Aro/O200422038139/0/20200422083026_7482a.mp4

アドレスをクリックすると、津南中等校の取り組み、高橋組桜公園の様子が動画で見られます。スマホ・タブレット端末用ARアプリ「COCOAR2」を使って紙面の写真からも視聴できます。

2020年04月16日

〈新型コロナ〉医療的緊急事態を宣言、医療崩壊防ぐ行動変容を 十日町市中魚沼郡医師会が会見

200416_01.jpg

 十日町市中魚沼郡医師会(山口義文会長)は8日、市医療福祉総合センターで会見を開き、「妻有地域医療的緊急事態宣言」を行った。前日の7日には東京都や大阪府など7都府県に「緊急事態宣言」が発令。医師数の少ない当地域において、爆発的な感染拡大が起これば直ちに医療崩壊につながりかねないとして、住民に対して緊急事態宣言地域と同様の行動変容を呼びかけた。
(写真:「妻有地域医療的緊急事態」を宣言する白倉特任助教)
《本紙4月16日号1面記事より抜粋》

十日町新聞4月16日号は・・・・
▽公民館など31施設が利用休止 十日町市、感染拡大地域からの宿泊自粛要請
▽なじょもんなど閉鎖、ひまわり広場中止 津南町も新たな対策
▽感染拡大地域へ往来自粛を、来訪時は自宅待機要請 十日町市・津南町
▼特別賞に吉澤織物、関芳、青柳 十日町きものフェスタ、感染防止で計画変更して
▼看護を選んで良かったと言える人生に 十日町看護専門学校が1期生36人迎え入学式
▼義援金の配分決まる 台風19号被害、津南町に約1千万円
▼松之山温泉の源泉を宅配 ナステビュウ湯の山、コロナ自粛・家でも楽しんで
▼長年の尽力を称えて表彰 令和2年津南町ほう賞表彰式
▼水中生の責任と誇りと自覚を胸に 水沢中学校、43人迎え入学式挙行
▼4つの合い言葉で学校生活楽しもう 橘小学校、新1年生12人が入学式
▼路肩の岩に衝突、男性死亡 深夜に高田町6の交差点で
▼林野火災相次ぐ 4月に入り3件発生
▼【桜特集】過去最高の桜―紙面でお花見―〔AR動画あり〕 など

<<前のページ  1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8  次のページ>>
十日町新聞
十日町新聞デジタル版 定期購読

電子版プレイバック十日町

広告掲載のお申し込み
新聞に取り上げて欲しい情報をお寄せ下さい。
>>こちらまで。
ATOM

RSS