2021年 02月28日 (日曜日)

カテゴリー

緊急ニュース



2021年01月10日

大雪で十日町市に災害救助法適用、市が豪雪災害対策本部を設置

 連続降雪により災害発生の危険性が高まっていることから、新潟県は10日、十日町市など5市に災害救助法の適用を決めた。これを受け、十日町市は市長を本部長とする豪雪災害対策本部を設置した。
 十日町市の積雪は10日午後2時現在、アメダス(小泉)で293センチを観測。市内では同時現在でこれまでに人的被害16件(死者1人、重傷者5人、軽傷10人)、建物被害15件(全壊3件、一部損壊9件、床上浸水1件、床下浸水2件)の被害が発生している。
 市では、除雪作業中の事故や交通事故、なだれなど雪による事故に十分注意するよう呼びかけている。

2021年01月01日

【新型コロナ】津南町の50代男性が感染 津南町で初

 新潟県は1日、津南町の50歳代男性を含む計5人が、新たに新型コロナウイルスに感染したと発表した。
 県の発表などによると、男性は会社員で、24日から38度台の熱があり、30日に医療機関を受診、31日に陽性が判明した。1日現在、発熱や咳の症状があるという。感染経路や濃厚接触者は調査中。
 津南町在住者の感染は初めて。

【2日午後0時半追記】
 ホテルベルナティオは1日、感染が明らかになった津南町の50歳代男性は、同ホテルのスタッフであることをホームページなどで発表した。
 同ホテルによると、ホテルスタッフの濃厚接触者は3人。3人は31日から自宅待機となり、1日にPCR検査を受けた結果、3人とも陰性だった。1日時点で他のスタッフに体調不良者はなく、男性とホテル利用客との濃厚接触はなかったという。
  同ホテルでは、男性が従事する事務所をはじめ館内各所で入念な消毒を実施、保健所の指導を受け、感染予防策を徹底の上、営業を継続している。

2020年12月26日

【新型コロナ】十日町市在住の警察官が感染 市在住者で初

 新潟県は26日、十日町市在住の30歳代男性を含む計13人が、新たに新型コロナウイルスに感染したと発表した。
 県の発表などによると、男性は十日町警察署の警察官で、22日に感染が確認された同署の男性警察官(長岡市在住)の濃厚接触者として検体を採取、25日に陽性が判明した。現在、発熱や咳の症状があるという。
 十日町市在住者の感染は初めて。同署関連では11月に感染が判明した女性警察官(南魚沼市在住)を含め4人目。

2020年12月25日

【新型コロナ】新たに十日町署員1人の感染確認

 新潟県は25日、30歳代男性警察官(南魚沼市在住)を含む計10人が、新たに新型コロナウイルスに感染したと発表した。
 県警などによると、男性警察官は十日町警察署勤務。23日に感染が発表された同署30代男性警察官(長岡市在住)の濃厚接触者12人のうちの1人として検体を採取、24日に陽性が判明した。その他の濃厚接触者は10人が陰性、25日午後5時時点で1人の結果がまだ出ていないという。

2020年12月23日

【新型コロナ】十日町警察署の30代男性警察官が感染

201223_01.jpg

 新潟県は23日、十日町警察署地域課に勤務する30歳代男性警察官(長岡市在住)を含む計7人が、新たに新型コロナウイルスに感染したと発表した。
 男性警察官は21日夜から22日朝まで当直勤務にあたり、帰宅後に発熱があったため医療機関を受診。22日に感染が確認された。
 十日町署では、22日夜から駐車場にマイクロバスを設置。窓口業務は車内での対応とし、23日からは夜間と同様に少人数の署員で対応する「宿直体制」をとっている。23日現在で他に体調が悪い署員はおらず、宿直体制外の署員は自宅待機としているという。
(写真:マイクロバス内で窓口業務を行っている十日町署・23日午前9時頃)

2020年12月18日

津南町の70代男性が雪下ろし中に転落し死亡

 18日午後0時20分頃、津南町中深見乙の桜澤泰一さん(70)が自宅の軒下に倒れているのを通行人が発見した。桜澤さんは十日町市内の病院に搬送されたが、午後1時27分に死亡が確認された。
 桜澤さんは1人で自宅屋根の雪下ろし中に転落したものと見られる。死因や事故原因は十日町署で調査中。

 十日町市・津南町では13日から降り続いた大雪により積雪が急激に増え、雪下ろしや除雪中の人身事故が相次いでいる。市や町では除雪作業を2人以上で行うなど住民に注意を呼びかけている。

雪下ろし中に屋根から転落 81歳男性が死亡

 18日午前11時20分頃、市内関根第1の岡村貞雄さん(81)が自宅の車庫(2階建て)の雪下ろし中に転落し、市内の病院に搬送された。岡村さんは心肺停止の状態。
 通りかかった人が屋根から転落する岡村さんを目撃し119番通報した。岡村さんは一人で雪下ろしをしていた。

【午後2時20分追記】
 岡村さんは18日午後0時14分、搬送先の病院で死亡が確認された。死因や事故原因などは十日町署で調査中。

2020年12月11日

【新型コロナ】来年の第72回十日町雪まつりは中止 感染再拡大うけ方針転換

 十日町雪まつり実行委員会は11日、正副会長・本部委員合同会議を開き、来年2月20、21日に開催を予定していた第72回十日町雪まつりについて、開催を中止することを決めた。
 中止の理由として、(1)新型コロナウィルスの感染が再拡大しており、今後の動向が見通せないこと、(2)点在するおまつりひろばや雪像等を来訪者が回遊するイベントであるため、開催に関する国のガイドライン等に基づく来訪者の把握等、感染拡大対策の実施徹底が困難であることの2点をあげている。
 第72回雪まつりについて同実行委では、新しい生活様式に対応した回遊型イベントに転換して開催する方針を示していたが、秋以降の感染再拡大を受け、方針を転換した。今後、参集を避けた形で市民が雪を楽しむ代替企画の実施可能性等を検討するとしている。

2020年11月11日

【新型コロナ】南魚沼署で新たに12人感染、十日町署では感染拡大なし

 花角英世知事は11日の定例会見で、県内で新たに12人(速報値)の新型コロナウイルス感染が確認されたと発表した。県や県警によると12人はいずれも南魚沼署の署員で、9日に感染が確認された同署20代男性警察官の濃厚接触者として自宅待機していた。
 一方、9日に感染が確認された十日町署勤務の20代女性警察官(南魚沼市在住)と接触があり自宅待機していた同署の署員(13人)は、検査の結果全員陰性だった。

2020年11月09日

【新型コロナ】十日町警察署の20代女性警察官が感染

 新潟県は9日、十日町警察署に勤務する20歳代女性警察官(南魚沼市在住)を含む3人が新たに新型コロナウイルスに感染していることが確認されたと発表した。これまでに十日町市在住者の感染はないが、市内勤務者の感染確認は初めて。
 女性は8日に発熱やせき、けん怠感、頭痛などがあり、9日に医療機関を受診して抗原検査をした結果、感染が確認された。6日まで同署に出勤していた。
 女性は同署地域課に所属し、庁舎外で勤務することもあったという。同署では庁舎内を消毒し、女性と接触のあった署員13人を健康観察のため自宅待機させるとしている。
 女性のほかに南魚沼警察署の20歳代男性警察官(南魚沼市在住)も感染が確認された。新潟県警の警察官の感染が確認されたのはこれが初めて。

十日町新聞
十日町新聞デジタル版 定期購読

電子版プレイバック十日町

広告掲載のお申し込み
新聞に取り上げて欲しい情報をお寄せ下さい。
>>こちらまで。
ATOM

RSS